インディペンデンスリーグ2017東海 第5節

監督 渥美 昭吾

現在グループリーグ6位と中間位置についているこの試合で勝ち点を積み上げたかったが、

厳しい結果となった、1stディフェンダーが定まらず、定まったとしても粘りと迫力が足りない為、

相手に自由を与え好きなようにやられてしまうシーンが多かった。

修正を掛け次節に望むとともにこのチームから東海リーグに絡み活躍する選手が出てくるように鍛えていきたい。



DF 児玉 響 2年

自分たちのイージーミスによりボールを失う回数が多く保持される時間が続いてしまった。

似たような形で2失点をし、ボックス周辺において寄せがあまく相手に簡単にミドルシュートを打たれてしまった事が

失点に繋がったので改善していきたい。

次節は、連敗を阻止出来るようにしっかりと準備をしていきたい。

 

 

 
    TOPICS TOP