東海学生サッカー1部リーグ第8節

監督 渥美 昭吾

連敗中という事もあり、メンバーを数人入替えた中で臨んだ。

押し込まれる展開が続き中々糸口をつかめず30分に失点。

90分にセットプレーの流れから追いつきそのまま試合終了。

守備に追われる時間が続いたが、チームとして粘り強く対応していた。

勝ち点1をとれた事は、非常に大きいが次節に繋げていかなければ無意味になってしまうので

次節に切替1週間チャレンジしていきたい。



DF 鈴木 琢矢

7節終了時点で首位の東海学園を相手に新しいシステムで臨み少し緊張気味ではあったが守備に関しては、

自分にのやる事を徹底できた。

失点のシーンは、相手選手のストロングポイントで失ったが1人1人がやるべき事を

徹底し粘り強く戦えた結果43分に追いつく事が出来た。

上位チームに対して勝点1を獲得出来た事は、今後にも大きく影響すると思う。

 

 

 
    TOPICS TOP