インディペンデンスリーグ2017東海 第7節

監督 渥美 昭吾

内容が薄い試合だった。イージーミスが多く自ら難しくしてしまったGAMEだった。

ゴールを奪うゴールを守るという原理原則からかけ離れボールを受ける、

触る事だけがメインの選手ばかりで味方を苦しめている場面が多々あった。

結果オーライでは、駄目だと思っているので、この中から1人でも多くリーグ戦に関われるように日々サポートしていきたい。



DF 竹内 郁人 4年

圧倒していかなければいけない展開だったが、前線からの守備が連動さを欠き1StDFが上手くかからなかった事で、

相手に自由を与えすぎボールをいい形で奪うのが難しかった。

攻撃は、横パスかバックパスの後がまた横パスかバックパスになりスピードアップが無く

相手のスライドが間にあってしまうシーンや相手の背後や脇を奪えなかった為後退しては、前の繰り返しだった。

 

 
    TOPICS TOP