東海学生サッカー1部リーグ第10節

監督 渥美 昭吾

支配される展開が続いたがファーストチャンスで効率よく先制が出来たが、

次の1プレーで失点をするという勿体無い事をした。

得点後失点後のファーストプレーは、重要でありそこでスコアが動いた事により勝敗を分ける場合もある為あの局面は、

もっとアグレッシブにボールに行く事を徹底させておけば良かった。

その後チャンスは、あるが相手の好プレーに阻まれ時間が過ぎていく中相手のフレッシュな選手の仕掛けから失点。

前掛りの所をカウンターから追加点を奪われ勝敗がついた。



FW 鈴木 一真 3年

この試合は、前節の取りこぼしを補い上位に少しでもついていく為には、重要な試合だった。

チームとしても個人としても得点と勝点が必要な試合だったが、先制後直ぐに追いつかれ、終盤に逆転を許し敗戦をした。

個人的にも課題の残る試合になった。上位相手に結果を出せないのは、力不足だと感じる。

次節前期最終は、良い形で終わり東海選手権に内容・結果と弾みをつけたい。

 

 

 
    TOPICS TOP