TOP > 学部案内 > 環境情報学部 > 環境情報学科 > 何を学ぶ

環境情報学科/何を学ぶ

人間を取り巻く環境問題すべてに対処できる人材の育成

環境問題について文系から理系まで、多角的で幅広いカリキュラム構成で学ぶことができます。
人間が取り巻く自然・社会・モノすべての存在を人間にとっての環境とするならば、環境問題とは、それらのあり方を学び、それらの関係性を見つめることから始まるのです。環境情報学科は、すべての存在を尊重しあい、相互に共存していける社会を創るため、その方法を模索するために、思考する土台となる知識と技術の習得を目指します。

国際政策コース

人と自然の相互関係について学び、環境を改善できる人材を育成しています。
環境情報学科「自然環境分野」では、地球温暖化・大気汚染・水質汚濁などの環境問題について学び、環境分析や実験法、生物化学的な見方を修得していきます。また、人と自然や社会の相互関係を理解したうえで、よりよい環境を実現するためのバランスのとれた「持続可能な社会」を追求していきます。

■学ぶことのできる学問分野
環境学、生物学、化学、生態学、陸水学、森林学、土壌学、海洋学、環境情報学、環境保全、食糧生産

日本経済・財政コース

音響や映像、照明、電子出版、メディアデザインに関するあらゆる知識・技術を学び、これらの技術を使って、自分の感性や考えを表現できる力を修得していきます。
私たちが日常使っているスマホやパソコンは、すべてプログラムで動いています。コンピュータの普遍的な仕組みや基礎的な知識を重視する一方で、スマホやパソコン上で動くゲームプログラミングやビジュアルでインタラクティブなホームページを作成します。

■学ぶことのできる学問分野
メディア、映像、音楽、舞台、コミュニケーション論、マスコミ論、音響学、美術・デザイン
文化人類学、芸術学、民俗学


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200