TOP > 学部案内 > 総合政策学部 > リレー随筆 > 5月 中西 紀夫教授

出会い

中西 紀夫教授
 今、5月の半ばにさしかかり、今年の3月に卒業していった学生たちに会えないことの寂しさをひしひしと感じ始めている時期です。毎年のように卒業式後の謝恩会では、学生のほうから、「先生、一緒に写真を撮ろうよ」と言ってくれて、お決まりのポーズで一緒に写してもらうわけですが、その時の光景が今でも鮮明に蘇ってきます。しかし、今は新入学生ともやっと打ち解けられる時期でもありますので、一生懸命、気持ちを切りかえ新たな学生たちに気持ちを向けているところです。
 私の所属する総合政策学部では1年次からゼミに所属し、初年度は8つのゼミが共通したテーマの下での教育を行います。最初は自己紹介でプレゼンテーションの練習をするところから始めましたが、今はメンバーの出身地を1つ選んでアピールするというテーマで、研究を進めています。私のゼミでは松阪市を調査対象として、全体の発表会に向けた準備に入っています。
 もちろん、講義のねらいとしても「大学での学びの基本を身につけるとともに、教員や友人とのコミュニケーションを通じて、いい人間関係をつくること」としています。私自身もこのような理念を肝に銘じ、他の先生方とも協働して新たな学生との出会いを大切にして心のこもった指導ができるように、日々の精進を心がけていきますので、今後とも本学へのご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。



 

 


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200