TOP > 学部案内 > 総合政策学部 > リレー随筆 > 12月 ゴードン・リース准教授

New Year’s Resolutions 『 新年の誓い・抱負 』

ゴードン・リース准教授
 
   正月休みが近づいて、もう一年が終わろうとしているところです。この季節はほとんどの人にとって、忙しい時期です。ほんとうにリラックスをして、休みを楽しむ前に書かなければなれない年賀状や、終わらせなければなれない仕事が沢山あります。年末年始には家族や友達と一緒に美味しい食事や会話を楽しみ、質のよい時間を過ごす時期です。そして、年の終わりにはこの一年の反省やこれからの豊富について考える時でもあります。

   The New Year holidays are approaching and another year is coming to an end. This time of year is always busy for most people. There are New Year’s cards to write and all kinds of work to wrap up before we can really relax and enjoy the Holidays. The end of the year is a good time for enjoying good food, conversation and quality time with our family and friends. It also provides us with an opportunity to reflect on things we have done during the past year and gives us a chance to resolve what we would like to do in the coming year ahead.

   2013年には私の研究課題の中の二つである演劇を通しての英語の授業と、講義に使用するデジタル技術を追及することに力を入れました。そして、最近興味を持ち始めたSALLについて研究を始めました。SALLというのは一つの学習方法であり、自己実現を発達させるという目的が中心で、勉強の管理を先生に頼る事から自分で管理する事を学んでいきます。昔の研究で外国語としての英語の授業を受けている学生に伝統的な教え方をするより学生の動機づけに演劇やロールプレー、寸劇等を用いた方が効果的だという結果が出ました。私の学生のほとんどは携帯やスマホを持っています。時にはそれらを仕舞うように注意しなければならないこともあります。それで、2013年には学生のスマホを使用したSALLを含めた演劇プロジェクトを講座に導入しました。



二人の患者が怖くなって、新人の歯科医師の注射を断るシーン。『歯科医師』

   In 2013 I continued to pursue two of my research interests, Drama in EFL and the use of digital technology and smartphones in the classroom. I also have recently become interested in Self Access Language Learning (SALL). SALL is an approach to learning where the focus is on the promotion of learner autonomy by moving students away from dependence on the teacher and towards independence in managing one’s own learning.
In past research, I have found that drama, role plays and skits can work better than some traditional teaching methods for motivating EFL students. Almost all of my students have some kind of mobile device or smartphone, and at times I need to remind them to put them away in class. So, this year I wanted to try a drama project where I could incorporate student smartphone use and SALL in the classroom.

   この数年、私の演劇とゼミの授業にイングリッシュ・ティーチング・シアターの滑稽な寸劇を使っています。今年の演劇の授業に学生が演じるために『歯科医師』というおどけた寸劇を選びました。ほかの人に見せることが出来るように映画作成プロジェクトも導入しました。学生がスマホを使ってシーンを撮影し、撮った映像をパソコンでWindowsムービーメーカーというソフトを使って編集しました。Windowsムービーメーカーは字幕を作る機能があり、学生は自分の台詞の英語の字幕を作ることが出来ました。

   In my drama and seminar classes I have been using humorous skits from the English Teaching Theater for the past few years. In my Drama class this year I choose an entertaining skit called “The Dentist” for student’s to perform in English. In order to be able to share their performance with others, I decided to incorporate a movie making project into the course curriculum. I had students use their smartphones to film the scenes and then edit them on a PC using a program called Windows Movie Maker. Windows Movie Maker also allowed students to sub-title their lines in English.


新人の歯科医師が待合室に登場するシーン。

麻酔が八ンマー!!!


   今年のゼミの授業に学生が演じるため『スローフード』という滑稽な寸劇を選びました。現代社会の早いペースにうんざりしているファーストフード店員の話です。映画のシーンを撮るために普通のDVカメラを使って、映像の編集は私が行いました。学生はこのプロジェクトを楽しんだそうです。授業の締めくくりとして、作成した映画を9101教室である日の昼休みに公開しました。

   In my seminar class last year we choose a humorous play called “Slow Food” to perform and film in class. It is a funny story about a fast-food worker who is fed-up with the fast pace of modern day life. We used a traditional digital video camera to film the scenes and editing was done by me, the teacher. Students seemed to enjoy the project and we held a public viewing of the film at lunch time in 9101 classroom



私達のオーダーを早く出せ!

自分で作れば!


   今年の映画作成両プロジェクトはある程度成功したと言えるでしょう。しかし、学生がスマホを使って撮影をし、自分が撮った映像をWindowsムービーメーカーで自ら編集したプロジェクトの方が学生の学びや興味が高かったように感じられます。スマホはこれから外国語習得に重要な役割を果たすでしょう。2014年もスマホを使用した授業についての研究を続けたいと思います。そして、映画作成のプロジェクトも続けたいです。しかし、来年はイングリッシュ・ティーチング・シアターの寸劇を使うより、学生に脚本を書かせて、オリジナル映画を作ってもらうことを考えています。学期の終わりに四日市大学映画際を主催出来ると思います。良いお年を!!

   Both of my movie-making projects were somewhat successful. However, I found that student learning and interest seemed to be better in the project where students filmed the scenes with their own smartphones and edited some of their own work with Windows Movie Maker. I think smartphones have the potential to become important devices not only in language learning in general, but particularly in SALL. In 2014 I would like to continue my research on smartphone use in EFL. In addition, I plan to continue to work on movie-making projects. However, this year rather than having student’s use plays from the English Teaching Theater, I hope to have students create their own original dialogs and make their own independent movies or commercials. At the end of the term I would like to hold a kind-of “Yokkaichi University Movie Festival” in my classes where student can show their projects to the Yokkaichi University community. Happy New Year!!

 


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200