TOP > 学部案内 > 総合政策学部 > リレー随筆 > 8月 ゴードン・リース准教授

演劇やプレゼンテーションを通して、英語で喋る自信を身に付けよう!

ゴードン・リース准教授
  
 期末の定期試験が終わって、前期は幕を閉じたところです。教員として、8月は後期の授業を準備しながら、前期の活動や授業の仕方について反省するいい時期です。前期、私が担当したほとんどの科目で、生徒が人前で英語をもっと楽に喋れるよう取り組みました。このために、授業でのスピーチ、プレゼンテーション、演劇、ロールプレイと短編映画の作成を利用しました。活動中の学生の姿を載せて、最後に最近の研究活動について報告します。

研究活動について

 この数年間、私は演劇が英語の学習動機に与える影響を研究しています。今年の前期に、私が担当した科目の幾つかに演劇のプロジェクトを導入しました。注目したのは、演劇の中で演じることが定期試験の対象となると、一年生はどういうふうに反応するか、ということです。これまでは、学期の終わりにパートナーと会話のテストや、短い英語のスピーチをさせてきました。

 このプロジェクトを企画した時、もし演劇をやるなら、授業で取り上げている内容と関連した方がいいと思いました。毎年一年生のために健康的な食生活についてのレッスンを企画します。その時、いつも『スーパー・サイズ・ミー』という映画を学生に魅せます。自分の体や健康にどのような影響を及ばすかを調べるために、ある男は30日間完全なマクドナルドのダイエットをします。その男の実験についてのドキュメンタリー映画です。この映画と関連する適切な演劇を探した時にたまたま運がよく、私のプロジェクトにぴったりな、『スロー・フード』という劇を見つけました。現代社会の早さにうんざりして、もっとスローライフを楽しみたいファーストフード店の従業員についての話です。この劇なら私がいつも教える健康的な食生活のレッスンと結びつけることができると思いました。

 この演劇のプロジェクトを前期の後半に導入して、演劇の中で役を演じることが定期試験の対象となりました。分析してみると驚きの結果を得ました。このプロジェクトのすべてが思うように行ったわけではありませんが、学生はこの演劇プロジェクトを楽しんで、定期試験にはスピーチより演劇がいいという声が多かったのです。後期には前期に発生した問題点を改善しながら、演劇を幾つかの授業に続けて導入したいと思います。外国語として英語を勉強している学生が人前でもっと楽に英語を喋れるよう、演劇はいい方法だと信じて、私の研究の結果もこれを証明できると期待しています。この研究の結果を今年度中に発表したいと思っています。



(English Translation of the Above Article)

Developing Confidence Speaking English Through Drama and Presentations

   Tests are over and the semester has come to a close. As a teacher, August is always a good time for reflecting and thinking about our teaching in the previous semester as we prepare for upcoming classes in September. In the majority of my classes this Spring, I worked on trying to get students more comfortable speaking English in front of others. To do this I utilized speeches, presentations, drama, role play and short films. The following are a few pictures of my students in action followed by a report on my recent research activities.

 

Research Activities

   I have been interested in and have researched the motivational effects that drama can have on EFL students over the last few years. During the first semester this year, and as an extension of this research, I implemented a drama project in several of my classes. I wanted to find out how first year students would react to having to perform a short play in English for their final test of the semester. I normally have first year students do a conversation test with a partner, or make a short speech in English to finish up the first semester. I also wanted the play to be related to something that we were studying in class. I teach a unit on healthy eating habits every year and always show the movie “Super Size Me!” It is a documentary about a man who goes on a total McDonald’s diet for 30 days to measure the effect it has on his body and health. Luckily, I came across a play called “Slow Food” that seemed to be perfect for a project of this nature. It is about a fast food worker who is fed up with the fast pace of modern society and yearns for a slower life. I believed that this play “Slow Food” would tie in nicely with the healthy eating habits unit that I normally teach.

   I implemented the project in the latter half of the semester and got some surprising results which I am now analyzing. Although all aspects of the project did not go as well as I would have liked, the preliminary results seem to indicate that the students enjoyed the drama project and preferred a drama test to a final speech. I plan to continue using drama in some of my classes in the second semester, taking care to work out some of the kinks and problems that I ran into in the first semester. I believe, and expect my final research results to indicate as well, that drama is a good tool for teachers to utilize to help EFL students become more comfortable speaking English in front of others. I hope to be able to publish my results of this study later this year.



岩戸
【フレンチトーストの作り方についての英語スピーチ】
忍者
【アメリカの1960年代の反社会運動についての
英語でのパワーポイントプレゼンテーション】
餅街道
【アメリカの1950年代についての
英語パワーポイントプレゼンテーション】
お店
【私が担当しているほとんどの科目にゼスチャーも含めた
基礎プレゼンテーションスキルを取り組みました】
餅街道
【ゼミ生は四日市大学のまわりのさくらの状態について
ニューズビデオを作成しました】
お店
【ゼミ生は記者を演じて、自分達が発見したことについて
英語で伝えました】
餅街道
【ずいぶん待たされて、いらいらしているファーストフード店の
お客さんが自分達のオーダーを同時に要求】
お店
【我々の注文が欲しい!】
餅街道
【ゼミ生は四日市大学のまわりのさくらの状態について
【「スローフード」という劇を演じてからの記念写真】

 


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200