TOP > 学部案内 > 総合政策学部 > リレー随筆 > 9月 若山 裕晃准教授

ホッケーチーム「三重クラブ」

若山 裕晃准教授
  
 2021(平成33)年に三重県で国民体育大会(国体)が開催されます。国体種目には様々な競技がありますが、開催地を担当するなどの強化・育成の中心的推進役については、県内の各市区町村が分担します。北勢地区では、ホッケー競技強化の動きがあり、三重県ホッケー協会より本学に競技普及の協力要請がありました。これを受けて、本学で学生への呼びかけを行った結果、ホッケーに関心のある学生数名が競技参加の意思を示してくれました。
 ホッケーは、日本ではマイナースポーツの印象があるかもしれませんが、ヨーロッパでは非常に人気のあるスポーツでロンドンオリンピックではチケット入手が困難なほどだったそうです。ルールはサッカーに似ていて、サッカーと異なる点は、スティックで(野球のボールぐらいの大きさの)ボールを扱う、1試合は前後半各35分、オフサイドが無い、シュートはシューティングサークルというエリア内から打たないと得点が認められない、選手交代が自由、といったところでしょうか。三重県では何年もの間競技人口0という状態が続いていたそうで、まずは少しでも参加者を増やそうと普及・強化活動がスタートしました。本学も含めた各方面への協会からの積極的な働きかけが実り、成年男子の部では今年から国体予選に参加できる人数が集まりました(他に成年女子、少年男子及び女子のカテゴリーがあります)。こうしてホッケークラブチーム「三重クラブ」が誕生しました。
 7月から何回かの練習を重ね、8月23日には記念すべき公式戦初戦となる国体予選に参加することができました。結果は、岐阜県チームに圧倒され、0−26のスコアで完敗でしたが、今年に限っては試合ができたことに意義があったと思います。本学の学生達への評価も「未経験な競技に非常に前向きに取り組んでくれた」と上々でした。
 三重県国体に向けてのホッケー競技強化・育成のプロジェクトはまだ始まったばかりですが、関係者の皆さんには、何とか三重県に競技を根付かせよう、そしてその動きを国体以降も継続させていこうという意欲が満ち溢れています。本学もできる限り協力させて頂き、地域貢献につなげていきたいと考えています。



T.7月5日(土)本学体育館での練習会
餅街道
U.8月3日(日)岐阜総合学園高校との練習試合
餅街道 お店
V.8月23日(土)国体東海予選
   

 


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200