TOP > 学部案内 > 総合政策学部 > リレー随筆 > 6月 三田 泰雅講師

新入生合宿と入門演習

三田 泰雅講師
 
 総合政策学部では、この春に93名の新入生を迎えました。今年も定員をやや上回り、入学式に続く学部教員との対面式では大きめの会場が用意されました。数日前まで高校生だった一年生も、大学生としての生活がはじまります。

 入学式後に体験する最初のイベントは、一泊二日で行われる新入生合宿です。今年は湯の山温泉の希望荘を会場に行われました。到着してすぐ、大広間でゲーム大会が開催されました。8チームに分かれ、上級生の司会進行のもと優勝を争います。今年は小林ゼミが優勝を勝ち取りました。また夜には大浴場や部屋でのコミュニケーションを通して交流を深めます。これまで初対面の人間と泊りがけで過ごした経験のない学生も多く、新鮮な刺激になったようです。

 この合宿で組んだチームが、そのまま必修授業である「入門演習」の所属ゼミになります。各自が所属するゼミのなかで、一年をかけて大学生としての基本となるスチューデントスキルの習得をめざします。また、スポーツ大会やプレゼン、ディベート大会など、各種のイベントでゼミごとにチームを組むことになります。

 大学は学問の場というだけでなく、友人を作る場でもあります。四年間をともに過ごした学生時代の友人は、一生つづく財産にもなります。お互いをよく知り合い、信頼しあえる関係を築いてほしいと願っています。

 これから四年後、彼らはどんなふうに羽ばたいてゆくのでしょうか。大学でさまざまなことを経験しながら、自らの人生をたくましく切り拓いてゆく力を身につけることでしょう。楽しみな若者たちです。


【神長ゼミ】

【小林ゼミ】

【高田ゼミ】

【友原ゼミ】

【本部ゼミ】

【松井ゼミ】

【三田ゼミ】

【吉村ゼミ】

 


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200