TOP > 学部案内 > 総合政策学部 > リレー随筆 > 3月 ゴードン・リース准教授

マーチマッドネス

ゴードン・リース准教授
 
 

  学生時代、私の3月の楽しみはMarch Madnessを見ることだった。March Madness(マーチマッドネス)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。NCAA(全米大学体育協会)のバスケットボールトーナメントのニックネームだ。毎年3月中旬から2週間に渡り、成績による選考で招待された68校のチームの試合が行われ、アメリカ全土で放映される。トーナメントの初めは一日に何試合も行われ、番狂わせも起こり、最強のチームがプレッシャーによりランク下のチームに負ける“マッドネス”(狂乱状態)が繰り広げられる。日本の夏の甲子園高校野球に匹敵するものであり、全国的に人気がある。各試合の勝者を予測して、トーナメントの対戦表を記入し、職場の同僚や友達同士の間で順位を賭けることも全米中で人気だ。トーナメントの2週間の間、沢山試合を観て、自分の成績をチェックするのは一つの楽しみだ。オバマ大統領がバスケットを大好きなことは有名だ。彼は毎年テレビで自分が予測した試合対戦表をトーナメントが始まる前に公開する(コチラ)。


 来日して、大学の教員になってから自分の3月の楽しみが変わった。毎年3月に時間をかけて前年度の授業の反省と来年度に担当する授業の準備をする。授業では沢山のビデオを撮り、その都度、iPhotoというプログラムにアップロードをする。アップロードした年代順に写真やビデオを整理して並べてくれるので、iPhotoが気に入っている。こういうふうにビデオを月ごとに並べると一年の間に、自分の学生はどのぐらい進歩したかビデオのサムネイルを見るだけで思い出させてくれる。


 昨年もほとんどの授業に演劇やドラマアクティビティを取り入れた。演劇やロールプレイを導入することによって、授業の理解を高めることができ、優しい環境で人の前で英語を話す自信を身につけることも出来る。異文化コミュニケーションをする時に欠かさないスキルであるジェスチャー、声、顔の表情などの練習もよく出来る。自己紹介をするための度胸をつけるために1年生の英語コミュニケーション授業に『グード・モーニング・ワールド』というバラエテイー番組のロールプレイを取り入れた。このロールプレイはとてもおかしくて、学生は楽しめたようだ。演劇の授業では学生は『スローフード』という劇を演じた。この劇は、あるファーストフード店の店員が自分の仕事のペースの早さと現代社会の生活の早さにうんざりしてしまい、店のサービスがあまり遅いからお客さんが怒って、店員にクレームをすると、店員が突然仕事を辞めて店を去る話だ。


 4年のゼミでは1850年〜2000年までの米国史を紹介して、その時代のアフリカ系アメリカと白人の人種関係を集中して学んでもらった。学生は奴隷制度、アメリカの南部に起こった人種差別と人種分離、公民権運動、ベトナム戦争などについて学習した。一年の間『ミシッシピー・バーニング』、『42』、『マルコムX』『ドウ・ザ・ライト・シング』も含めた、いくつかの映画を見た。ゼミの主要なプロジェクトとして学生は最初の黒人メジャーリーガーであるジャッキー・ロビンソンについてのパワーポイントプレゼンテーションを作成した。最後の授業にジャッキー・ロビンソンの人生についてのリーダーズ・シアターの英語脚本を読みながらプレゼンテーションを行った。


パワーポイントプレゼンテーションの他にゼミ生に授業で観た映画の中で一つ感動的なシーンを選んでもらって、そのシーンを演技して再現するように課題を出した。シーンを再現する前に演技の基礎練習をするために、学生は『ポップスターズ』というテキストを使って、幾つかの短いスキットを演じた。映画の再現シーンのため生徒は結局『42』の有名なシーンを選んだ(シーンはコチラ)。シーンの中、ジャッキー・ロビンソンはシンシナティーで試合の前のウォーミング・アップの時に人種差別主義者にひどいヤジを飛ばされる。ジャッキーの白人のチームメイトのピー・ウイー・リースはジャッキーの所に来て、観客に自分はジャッキーを応援していることを見せるためにジャッキーの肩に手を掛けて、人種差別主義者を黙らせる。学生はうまく演技をしてこのシーンを再現した。彼らの演技力や英語の表現力も一年の間に大分上達した。


  私は多忙ではあったが、昨年に全国語学教育学会主催のイベントで神戸、横浜、沖縄で英語の授業に演劇を取り入れるというテーマについてのワークショップ、プレゼンテーションや英語スピーチコンテストの審査員をさせていただいた。今、来年度の講座の準備をしながら、もう来年の3月が来ることを楽しみにしている。iPhotoのビデオを見て、自分の学生の成長を楽しみ、もう一年の実りのある教員生活と自分の専門的職業開発を反省することが出来る。これが自分流のマーチマッドネスかな。

 


 


 



 

 


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200