TOP > 大学案内 > 四日市大学について > 情報公開 > 教育研究目的(経済学部)

情報公開

公私協力大学として

経済学部
 経済学部では、幅広く深い教養を身に付け、人類が築いてきた経済・経営・ビジネスに関するさまざまな「知」の集積から、その基礎を学び、学際的・国際的視野から総合的に問題を把握・思考し、判断・解決できる能力を持った人間味あふれる、グローバルな感覚で21世紀の地域社会を担い、リードする社会人の育成を目標とする。そのために、個々人の希望及び個性・能力を尊重した少人数教育を重視し、コミュニケーション能力・情報処理能力・外国語運用能力の修得、学科特有の専門的知識及び能力の修得に向けたコース主導の教育を行う。

【経済経営学科】
 「現代経済コース」では、第一に、経済学基本分野の基礎知識をきちんと習得させるとともに、流通、金融、労働、福祉、環境問題等、きわめて実践的な経済学応用分野の専門知識をも選択的に習得させることを目的としている。さらに、第二に、今日、様々な職業分野等において必須となっているインフォメーション・アンド・コミュニケーション・テクノロジーや情報学の技能・知識をも、あわせて習得させることも目的としている。こうした両面の教育により、種々の産業分野等においてコンピュータ等利用能力を駆使するとともに、その際、同時に実務的な経済学の知識をも活かせるような人材を養成することを教育目標とする。そのため、コース発足時における配置専任教員らの研究分野を中心に、第一に、経済学における経済理論、経済史等の基礎分野、ならびに、労働経済学、社会福祉学、社会保障論等の応用分野、そして、第二に、特に経済経営分野に関連させた情報学、ならびに、コンピュータプログラミング等の学問分野が主たる研究対象とする。更に、このコースでは社会福祉主事が卒業要件単位に含まれる科目の履修のみで取得できるようにした。

 「国際地域コース」では、現場の問題をグローバル・ローカルの双方の視点で捉え、創造的に解決する志向性を持った、地域や中小企業で活躍できる職業人の育成を目指す。そのため経済学を基礎としつつ、フィールドスタディ・ファクトファインディング・課題の整理・政策立案・ビジネスモデルの構築など、「現場の問題を捉え創造的に解決する思考」を学ぶ。具体的には、経済学の基幹科目(「経済原論」、「ミクロ経済学」、「マクロ経済学」等)を基礎としつつ、国際系の科目(「国際経済学」や「アジア経済事情」、「ヨーロッパ経済事情」、「米州経済事情」、「国際経営論」など)を重点的に配置している。またこれと並行して問題発見と創造的に解決する思考を学ぶための科目(「フィールドワーク論」、「アントレプレナーシップ論」、「ビジネスコミュニケーション」、「グローバルコミュニケーション」、各種セミナー)を比較的低学年から段階的に配置し、このような教育プログラムのなかで、結果的に学生1人1人が、チームや個人でプロジェクトを抱えながら学生生活を送る、PBL(Project Based Learning)を目指す。

 「経営会計コース」では、経営に関するこれまでのさまざまな「知」の集積の中から、その基礎をしっかり学び、思考し、決断・解決できる能力を持った人間味あふれる社会人の育成を目指す。現代のビジネスエグゼクティブに必要な計数管理と人事管理の両面の多様な技能を養い、新しい時代のビジネスパーソン・企業経営者を養成する。そのため、新しい時代のビジネスパーソン・企業経営者の育成に必要となる学問分野を組織として強化する。研究対象とする中心的な学問分野は、経営学(特に、経営組織論、経営戦略論、ベンチャービジネス論)、会計学(国際会計論)である。

【経済学科】
 「理論と実践の両面を兼ね備えた経済人の育成」を目標とし、経済の理論的・実証的・歴史的考察を主軸とした専門的理論・知識の修得、さらに地域の立脚した講座の開講、地場産業の見学などの授業・演習等を通じて「理論的・実践的能力」を身に付ける教育を行う。

【経営学科】
 「新しい時代のビジネスマン及び経営者の育成」を目標とし、経営学・会計学・商学・情報学を教育の柱に、理論の探究と併せて現実の企業活動に直結する知識・技術の修得を目標とした教育を行う。また計数管理と人事管理の両面の管理能力を修得するため、地域社会及び地域産業の責任者や経営者の講義や意見交換会・企業見学などを重視した実学教育を行い、新しい時代の経営者の育成を目標とする。



ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200