TOP > 大学案内 > 四日市大学について > 情報公開 > 教育研究目的(環境情報学部)

情報公開

公私協力大学として

環境情報学部
 現代社会がもたらした環境問題は、人類の生存を脅かす地球規模の危機を引き起こしている。そのため自然環境と人間の諸活動が調和できる社会を構築し、「持続可能な社会」の実現が要請されている。一方、種々のコミュニケーション手段の進化・普及は社会全体に影響を及ぼしている。単なる技術にとどまらず、異文化社会の理解もふまえて、人間を基軸にしたメディアコミュニケーションの確立も求められている。
  環境情報学部では、こういった要請に応えるため、高度な情報処理能力を身につけ、総合的な環境の学習・研究・実践を目指すことを教育・研究の目的とし、さらに豊かな感性とコミュニケーション能力をもち、科学的視野にたって、地球・社会・メディアの環境を支える人材を育てると共に、調和した地球環境を築く意欲と能力を備えた人材を養成する。
  環境情報学科は、コンピュータによる情報処理を基礎に、地球環境規模から地域の身近な環境問題までを、自然科学を中心として研究し、人間を取り巻く環境問題に対処できる人材を育成する。



ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200