TOP > 大学案内 > 教員紹介 > 環境情報学部教員紹介 > 千葉 賢

千葉 賢
SATOSHI CHIBA

千葉 賢

ちば さとし

教授

千葉 賢

担当科目

コンピュータ科学
情報処理1
基礎/専門セミナー
卒業研究セミナー

専門分野

沿岸海洋物理
沿岸海洋の物質循環
数値シミュレーション
情報教育

プロフィール

 東京都武蔵境市生まれ。東京大学工学部航空学科卒。同大学工学系研究科で学位・博士(工学)を取得。三井海洋開発(株)、(株)計算流体力学研究所、(株)海洋工学研究所を経て四日市大学へ。1997年より現職。2003年より2007年まで三重県地域結集型共同研究事業「閉鎖性海域の環境創生プロジェクト」(通称:英虞湾プロジェクト)の環境動態シミュレーション部門の研究リーダーを務める。


研究テーマ

閉鎖性海域の環境改善
  日本には数多くの閉鎖性海域が存在し、昭和の高度経済成長期に汚濁が進行した。現在、人と海との豊かな関係を目指して、いろいろな環境改善活動が取り組まれているが、山から海までの自然系のシステムは複雑で、成果は十分に上がっていない。数値シミュレーションは、そのような複雑なシステムを分析するのに有効な技術である。現在はその技術の高精度化や高度化を研究するとともに、英虞湾、伊勢湾、有明海などの流動や物質循環を実際に計算して、環境改善活動に対して提言を行っている。気象、集水域、内湾海域、海底堆積物、外海、これら全てを含んだ数値モデルを構築して、人間活動の影響評価を行なうのが夢である。

メッセージ

 地球温暖化など、人類は深刻な環境問題に直面しています。情報技術は、これを救う鍵になるかもしれません。地球温暖化の将来予測は数値シミュレーションが行ないました。インターネットは世界の人々の距離を縮めて、環境情報の共有を可能にしました。人間は情報を知ることで行動を起こし、互いに協力し合うことができます。閉鎖性海域の環境問題も同様です。そのために、英虞湾プロジェクトでは市民への情報提供を重視し、シンポジウムの開催やホームページ(http://www.agobay.jp、http://www.agobay2.jp)の運用を行なってきました。情報技術は負の要素もたくさん抱えており、人類がこれを使いこなせるかが問われています。高校生や社会人の皆さんも、一緒に環境と情報の問題を考えてみませんか。 


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200