TOP > 大学案内 > 教員紹介 > 環境情報学部教員紹介 > 廣住 豊一

廣住 豊一
TOYOKAZU HIROZUMI

廣住 豊一

ひろずみ とよかず

講師

廣住 豊一

担当科目

基礎演習
基礎セミナー
地球環境論
環境衛生学
環境土壌学

専門分野

土壌物理学
環境情報学
農地環境工学

プロフィール

 石川県能登半島生まれ、愛知県刈谷市育ち。1999年三重大学生物資源学部農業土木学コース卒業。民間企業に勤務しながら、2003年三重大学大学院生物資源学研究科博士前期課程修了。2004年三重大学生物資源学部教務職員採用。三重大学に勤務しながら、2012年三重大学大学院生物資源学研究科博士後期課程修了。博士(学術)。2015年より現職。


研究テーマ

1. 土壌の構造と物理化学性の関係:
 土壌は大きさや形の異なるたくさんの粒が集まってできています。この粒の大きさや形の分布や重なり方によって土壌の物理的・化学的な性質がどのように変化するか調べています。

2. 環境情報の観測装置と有効活用:
  気温・湿度・日射・地温など、私たちのまわりにはたくさんの環境情報があふれています。この環境情報を効率的に観測し、有効に活用する方法を調べています。

3. 花や野菜の生育に対する土壌の物理的性質の影響:
 土壌はただ植物を支えているだけではありません。土壌は水・空気・栄養をたくわえて、植物にあたえる役割をしています。そこで土壌の物理的な性質が、花や野菜の生育にどのような影響を与えているのか調べています。

メッセージ

 現地に出かけていって穴を掘って土壌調査をする、畑で実際に花や野菜を育てて栽培実験をしてみる、お花屋さんで直接話を聞いて聞き取り調査をしてみる、道具や実験器具を自作してみる──自分で実際にやってみることを大事にしたいと思います。なんでもやってみると意外と楽しいかもしれませんよ。


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200