TOP > 大学案内 > 教員紹介 > 環境情報学部教員紹介 > 牧田 直子

牧田 直子
NAOKO MAKITA

牧田 直子

まきた なおこ

准教授

牧田 直子

担当科目

環境分析化学・実験
環境化学a,b
基礎/専門セミナー
卒業研究セミナー

専門分野

生体高分子化学
生物物理学

プロフィール

愛知県出身。名城大学薬学部卒、薬剤師。名古屋大学大学院人間情報学研究科修了、博士(学術)。薬学、理学、医学、環境情報学と在籍する分野を転々とする。2005年より現職。


研究テーマ

1. 溶液環境による長鎖DNAの高次構造制御
  細胞内でDNAは高密度に折り畳まれて存在しているが、DNAが機能する (遺伝子発現が起こる)ためには解きほぐれなければならない。このような折り畳まれた(凝縮)状態と解きほぐれた(膨潤)状態との間の変化はどのようにして生じるのか、ということを溶液環境の変化に注目して研究を進めてい る。
  また、長鎖DNAが形成する様々な凝縮状態についても調査を行っている。

2. DNAの高次構造と機能についての研究
  遺伝子発現の制御機構は、調節因子と呼ばれるタンパク質が多数発見され 精力的に研究が進められている。しかしながら、調節因子によって調節されるのは個々の遺伝子の発現についてであり、遺伝子群単位での大規模な調節機構については明らかになっていない。大規模での調節を担っているのはDNAの高次構造ではないかと仮定し、DNAの高次構造の違いが及ぼす転写活性への影響の解明を目指している。

メッセージ

 この大学に赴任してから環境について意識するようになりました。公共交通機関を利用した通勤、待機電力のカット、できることから実践しています。自分の専門分野はあまり環境とは関係ないですが、将来的にはそういう方面にも研究を広げていけたらと思います。


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200