TOP > 大学案内 > 教員紹介 > 環境情報学部教員紹介 > 関根 辰夫

関根 辰夫
TATSUO SEKINE

関根 辰夫

せきね たつお

准教授

関根 辰夫

担当科目

音楽史
音楽環境論
イベント制作論

専門分野

音響技術

プロフィール

 東京都新宿区生まれ。早稲田大学第一文学部卒。株式会社ミキサーズ・ラボを経て、フリーランスのエンジニア、コーディネーターとして活動。ミキサーズ・ ラボ在職時代の1996年から1998年に、韓国のサムスン音楽事業団に出向、現地でエンジニア教育を担当。
2009年より現職

主な作品
坂本龍一「CHASM」2004年(アルバム)
シングルカットもされた、「undercooled」の韓国内録音を担当。
「北条時宗のテーマ」2001年(アルバム)
Regine「My Love Emotion」1995年(アルバム)
フィリピンの代表的歌手であるRegineの日本での2枚目のアルバム。
キム・ユナ「春の日は過ぎ行く」2001年(アルバム)
イ・ヨンエ主演の同名の韓国映画のエンディングテーマ
他の録音アーティスト
菊池桃子、松本伊代、早見優、河合奈保子、
角松敏生、杉山清隆 等


研究テーマ

日本と韓国における録音のシステム及び文化の違い
  韓国において、2年間に渡り居住しながらレコーディングエンジニアをした経験を生かし、 音楽制作における、日本と韓国のハードソフト両面にわたる違いを研究し、音楽を通した異文化コミュニケーションを考える。

メッセージ

 録音の現場で培ってきたコミュニケーションの経験を、技術やノウハウを通じて、 皆さんと分かち合って行ければと思っています。
 ただし、表現するのは皆さん自身です。クリエイティブな心を忘れずに!


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200