TOP > 大学案内 > 教員紹介 > 総合政策学部教員紹介 > 本部 賢一

本部 賢一
KENICHI HONBU

本部 賢一

ほんぶ けんいち

准教授

本部 賢一

担当科目

コンピュータリテラシ
アプリケーション演習
基礎/専門セミナー
卒業研究セミナー

専門分野

交通計画
都市計画

プロフィール

 愛知県一宮市生まれ。岐阜大学工学部建設工学科卒。岐阜大学工学研究科生産開発システム工学専攻修了、博士(工学)。交通計画、都市計画に関わる民間の研究所を転々とし、1998年より現職。


研究テーマ

1. 地域に根ざした福祉有償運送のあり方に関する研究
  「福祉有償運送」とは、NPOや社会福祉法人等の非営利法人が、高齢者や障害者等公共交通機関を利用して移動することが困難な人を対象に、通院、通所、レジャー等を目的に、有償で行う、車両による送迎サービスをいう。厚生労働省と国土交通省との間で調整が進められ、その結果、平成16年3月にガイドラインが示され、一定の手続き及び条件のもとに、道路運送法の許可を取得することにより、福祉有償運送を行えるようになった。本研究は、許可対象となる福祉有償運送の範囲を明らかにし、続いて許可要件と手続きなどについて整理・課題を明らかにする。また、法施行後、2年が経過しようとしているが、事業者のきびしい経営状況とドライバー確保の困難さといった実施課題について、調査・分析を行っている。

2. 市街化調整区域における開発・建築行為制限の例外規定及びその適用事例に関する研究
  都市計画区域は、原則として「市街化区域」と「市街化調整区域」に区分される。このうち「市街化調整区域」は市街化を抑制すべき区域とされており、都市計画法上、開発行為が制限されている。しかし、周辺住民の日常生活のために必要な店舗や沿道サービス施設など、市街化調整区域であっても必要な施設の立地のための開発行為は例外的に認められている。同様に、市街化調整区域においては建築行為も制限されているが、開発行為の場合と同様に例外規定がある。本研究は、法制度上の市街化調整区域における開発・建築行為制限の例外規定について整理するとともに、そうした例外が適用された事例について調査を行うものである。

メッセージ

「道路が渋滞すると大気汚染がひどくなるって本当?交通事故が増えるって本当?」、「渋滞はなぜ発生するの?」、「渋滞を減らすことってできないの?」、「新交通システムって何?」、「エコカーの開発はどうなっているの?」など、交通に関わる環境問題について、その対策も含め研究しています。身近な問題ですので、一緒に考えてみませんか?


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200