TOP > 大学案内 > 教員紹介 > 総合政策学部教員紹介 > 岩崎 恭典

岩崎 恭典
YASUNORI IWASAKI

いわさき やすのり

教授

岩崎 恭典

担当科目

都市政策
コミュニティ論
市民参加論
専門演習

専門分野

総合政策学
行政学
地方自治論

プロフィール

 京都府宇治市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒、早稲田大学大学院政治学研究科自治行政専修博士課程前期修了。自治省外郭の研究所を経て、中央学院大学法学部で地方自治論/公務員制度論を講じる。2001年より現職。


研究テーマ

1. 基礎的自治体のあり方−自治を大きくすること:
政令指定都市制度、中核市制度、特例市制度といった市の区分が、道州制を視野に入れた今後の地方分権にとってどのような意味を持つのか。特に、スーパー指定都市の今後のあり方に興味を持っている。その際、「神は細部に宿る」はずであるので、特に、都市内分権の拠点となるべき行政区制度について、地域の多様性を反映できる仕組みの構築に向けて研究を進めている。

2. 元気な高齢者対策−シニアベンチャーの可能性:
少子化が進む超高齢社会で最も必要なことは、元気な高齢者の活力をどう地域でのサービス供給の仕組みのなかに位置付けていくことができるかであろう。 地域には起業意識に富むシニアが多く眠っている。こうした人々をどう繋ぎ、協働の仕組みのもとで再構築できるか。それこそが今後、自治体が生き残ることができるかどうかのポイントである。実態調査を基に、その可能性を探っている。


3. 民への分権−小さな自治:
今後の自治体は、セーフティネットの維持に全力を傾注し、そのためには、これまで引き受けてきた仕事は「民にお返し」する必要がある。その際の住民側の「受け皿」のあり方、合意形成・参加の手法等について、いわば、「小さな自治」はどうすれば実現可能なのか、理論だけではなく、実践するなかで、検討を進めている。

メッセージ

2001年以来、四日市市内に在住。新参者ですが、京都・東京、そして、中京圏と三大都市圏を経験することができ、言葉・食習慣等日々の生活を楽しんでいます。現在の主なフィールドは、三重県・伊賀市・伊勢市・鈴鹿市・志摩市・尾鷲市・四日市市、千葉県我孫子市などですが、時間と体力の許す限り、多様な地方自治のあり方を検討し、実践のお手伝いをしていきたいと考えています。


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200