TOP > 大学案内 > 教員紹介 > 総合政策学部教員紹介 > 鶴田 利恵

鶴田 利恵
RIE TSURUTA

つるた りえ

教授

鶴田 利恵

担当科目

マクロ経済理論
国際経済学
経済学専門基礎演習
経済学専門演習


専門分野

開発経済学

国際経済学

プロフィール

福岡県生まれ。国際学修士(日本大学大学院国際関係研究科)。名古屋大学大学院経済学研究科博士課程後期課程単位取得満期退学。名古屋大学経済学部助手、静岡英和女学院短期大学にて講師、助教授を経て、1998年より現職。


研究テーマ

1. ラテン・アメリカ諸国における経済発展。多くのラテン・アメリカ諸国は、第二次世界大戦後長期に及ぶ内向きの経済政策から、自由主義経済政策へと1990年代に転換した。その政策の効果が徐々に現れている国もあるが、財政赤字や所得格差といった今だに解決できていない問題点も数多く存在する。これらの問題点をどのように解決していけるのかが今後の成長にとっての課題となっており、そのための研究を進めている。

2. ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイの4カ国で構成される MERCOSUR(南米南部共同市場)は、これまでラテン・アメリカ内で創設された地域統合体の中でも比較的成功している統合体である。しかしながら、各国の経済格差や組織力不足など今後の進化にとって課題となる点も残っている。これらの課題を明確にし、今後のMERCOSUR諸国の成長のための諸政策を考える。

3. 地域統合体同士の自由貿易に向けての取り組みに関する研究。特に現在は、EUとMERCOSUR間で進められている自由貿易協定締結に向けての取り組みについての分析を行い、そこに内在する問題点や課題についての考察を行っている。

メッセージ

学生の皆さんには、「自分の頭で考え、自分の言葉で表現する人」になっていただきたいと思っています。そのためには常に色々なところに「アンテナ」を張って、たくさんの「?」を持ち続けることが重要だと考えています。「?」が出たら是非私にも投げかけてみてください。一緒に考えていきましょう!


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200