TOP > 新型インフルエンザ対策について

新型インフルエンザ対策について

新型インフルエンザ対策について

新型インフルエンザ、心配なときはまず電話を!
059−365−6716/6599

新型インフルエンザは、だれもがかかる可能性のある病気ですが、学校では集団感染をまねく危険性があります。
自分ひとりの病気と思わず、他者への感染を予防し、感染源とならないように、以下のことについて協力してください。

教 学 部 長

毎朝の体調管理と大学への連絡

毎朝の体調管理に注意し、体温が37.5度以上、咳やくしゃみ、鼻水が出る、身体が痛いなどの症状がある場合、あるいは熱っぽい、だるい、頭痛がするなどの症状が出た場合は、登校せずに、まず大学教学課に電話をお願いします。

大学教学課 電   話:059-365-6716・6599
受付時間:8時30分〜17時00分まで。時間外の場合は、翌日以降に連絡してください。
メールの場合:stsec@yokkaichi-u.ac.jp

医療機関の受診

新型インフルエンザが疑われる場合は、近くの医療機関を受診してください。
その際には、感染を広げないように、手洗いをする、マスクをするなど予防対策を講じてから受診してください。

もし新型インフルエンザだったら

(1) 新型インフルエンザと診断されたことを大学に連絡してください。
(2) 新型インフルエンザと診断された場合、「症状が出現した後7日間」または「熱が下がってから2日間」を目安として出校停止(自宅待機)となります。
(3) 現在のところ、新型インフルエンザに対しても、タミフルなどの抗インフルエンザ薬が有効です。自宅にて積極的に療養し、水分・栄養をしっかり取ってください。
<一人暮らしの場合>
☆友人の見舞いを受ける場合は、食品の差し入れを受け取るなど、必要最小限に留め、感染が広がらないように注意してください。
☆症状などを実家に連絡し、場合によっては、帰省してください。
☆困った時は、大学に相談してください。

友人・クラブ員・家族などの患者と接触した場合

「濃厚接触者」として、発症の可能性があります。
しかし、特に症状が出ない場合は登校を認めます。必ずマスクを着用し、最後に患者と接触した日から4日間は体調に注意してください。もし、何らかの症状が現れた場合には大学に連絡の上、4日間登校を自粛してください。また大学から登校禁止の指示があった場合にも、4日間の自宅待機をお願いします。

症状が治まったなら(10月26日改定)

「熱が下がって(解熱後)から2日間」経過したならば、原則として登校を認めますが、引き続き学内あるいは地域で、新型インフルエンザの感染拡大が続いている場合などは「症状が出現した後7日間」が経過するまで登校しないことが望ましいとされていますので、登校に心配がある場合は教学課にご相談ください。
なお、再登校に際して、「治癒証明書」等の証明書類の提出は求めないこととします。

普段の注意

☆手洗い、うがいの習慣を身に着けよう!
☆校舎入り口などにある、消毒用スプレーを活用してください。
☆咳・くしゃみが出るときは、マスクを着けよう!

四日市大学新型インフルエンザ対策について


資料請求

OPEN CAMPUS お申し込み

サマースクール お申し込み

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200