TOP > 友原ゼミが観光学会でポスター発表をしました

友原ゼミが観光学会でポスター発表をしました



 2014年12月7日に大阪府立大学で開催された第29回日本観光研究学会全国大会の学生ポスターセッションで総合政策学部友原ゼミの5人(3年生の舘 颯斗君、古澤 健汰君、2年生の伊豆丸 勇太君、甲斐 兆尚君、清水 拓斗君)が発表しました。
 テーマは「伊勢市における女子旅の特徴」で、これは主として2014年11月1日、2日に伊勢市で行なったフィールドワークの成果に基づくものです(フィールドワークについての詳細はこちらをご覧ください)。アンケートの項目ごとに解説し、全体として伊勢市における女子旅の特徴を提示しました。
 今回のポスター発表は10大学・大学院の36グループが参加しました。特に投票で上位グループを決めるといったことは行なわれませんでしたが、友原ゼミの発表は大変大勢の方に聞いていただき、好意的な評価、建設的な意見をいただきました。今後はゼミ生各人が今回の一連の研究についてレポートにまとめる予定です。



【ポスター発表を行なうゼミ生達】

【ポスター発表を行なうゼミ生達】

【ポスター発表を行なうゼミ生達(右奥)の遠景】

【他大学のポスター発表を聞くゼミ生達】



在学生の方へのお知らせ


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200