TOP > キャンパスライフ > 各種相談窓口 > 健康相談

健康相談 〜保健室便り〜

性感染症について知っていてください

今年の夏は、暑さがはっきりしない出だしでしたが、屋内外を問わず熱中症には気をつけてくださいね。
正しく理解して、取り返しのつかない事故とならないよう充分留意してください。

予防法

のどが渇いていなくても、汗をかいたら必ず水分補給すること

尿の量は体内の水量の目安になります。
ふだんよりトイレに行く回数が少なければ水分補給が足りない証拠です。

塩分補給は食べ物から

なにより大切なのは、食事から塩分をとることを忘れてはいけません。
大量に発汗した場合は塩分の補給も重要になります。
数時間スポーツを楽しむ程度ならスポーツドリンクでもよいでしょうが、一日中蒸し暑い環境で作業する場合はときどき塩や梅干をなめる工夫が必要です。

症状

熱中症には重症度に段階があります。下段に向かうほど重症となり生命にかかわります。
下のような症状をみたら適切に対処してください。

  症状 対処法
日射病 炎天下に長時間立っていたりスポーツ観戦などで長時間すわっていたりする時におこる。急に気分が悪くなり、目の前が暗くなるような感じがして倒れる。一時 的に意識喪失することもある。 涼しい日陰の場所に移し、衣服をゆるめて、やや足を高く頭を低くして寝かせます。意識 が回復したら水を飲ませます。意識障害がある場合は、病院に運びます。
熱けいれん 高温多湿の環境で大量に汗をかいて水分だけの補給をしているときに起こりやすい。症状は、脚、腕、腹部などに「こむら返り」のような痛みを伴ったけいれん が起こる。体温や血圧は正常で意識障害は無い。多量の発汗で水分と塩分が失われたにも関わらず、水分しか補給しないと血液中の塩分濃度が低くなって筋肉が 収縮しけいれんを起こす。 涼しい場所で安静にするとともに塩分と水分を補給するため、コップ1杯に3g程度の塩 を入れた食塩水を飲ませるか塩を直接なめさせても良い。
熱疲労 多量の発汗のため脱水になり血液が濃縮された状態。全身倦怠感、めまい、頭痛、嘔吐などが起こる。血圧は低下し、脈拍が速くなり体温は38〜40度に上昇 する。 救急車を呼ぶなど医療機関への搬送の手配をして、とにかく身体を冷やして体温を下げるようにします。身体全体に水をかけたりぬれタオルを当てたりしてから扇風機やうちわで風を送って冷やす。氷があるなら、頭や首の両側、わきの下、足の付け根などにあてがっ て冷やす。冷水シャワーを浴びさせても良い。嘔吐のあるときは、顔を横に向けて誤嚥しないようにし、意識があって本人が欲しがるなら水を与える。
熱射病 体温が41度以上に上昇し汗が出なくなる。皮膚は乾燥し紅潮し身体にさわるとその熱さがわかる。さまざまな組織が障害され意識障害となる。
  • 体温が38度以上ある(40度以上ならさらに危険)
  • 暑さで苦しそうなのに汗をかいていない
  • 皮膚は乾燥し紅潮していてさわると熱い
  • 意識がもうろうとしている

ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200