TOP > キャンパスライフ > 各種相談窓口 > 健康相談

健康相談 〜保健室便り〜

麻疹が流行しています GWは特に注意しましょう!

麻疹(はしか)は、ウイルスの感染によって起こる小児期の代表的な感染症の 1 つです。この病気は、これまで大人がかかるケースはまれと考えられてきましたが、最近、はしかにかかった成人患者の報告例が増えてきて注目されています。
はしかを軽い病気と思っている人は少なくないかもしれませんが、肺炎や脳炎といった、重い合併症を起こすことがあり、これがはしかによる死亡の大きな原因 となっています。麻痺など、神経系に重い後遺症が残ることもあります。
4月から、関東圏を中心に流行の兆しがみられ、大学閉鎖の措置をとる大学もあるほどです。流行すると深刻な事態になります。

麻疹の症状

はしかにかかると、まず、 38℃ 前後の熱やせき、鼻水、結膜炎による充血や目やになどが出てきます。
数日後、頬の内側に白い斑点ができ、 1〜2 日たつと、頭部から全身へと赤い発疹が広がり、 発疹は、皮膚から盛り上がって、複数がくっついた形になるのが特徴。

大人の場合、風邪にも似た高熱やせきといった症状ではじまり、発熱の数日後に発疹が出るため、その間に飲んだ市販薬が原因と思いこんでしまう人もいます。 はしかだと診断が付きにくいという問題があります。
発熱があったら、早めに医療機関を受診してください。

予防接種

予防接種を1回もしていなければ、流行地にいれば必ずはしかにかかります。ただちに医療機関に行って、予防接種を受けましょう。

予防接種をしていても、1回しか接種していない場合は、 10 年経過でかかりやすくなります。今の大学生のみなさんは、 1 回しか接種していない人が多く、はしかにかかる人が増えています。 1 回しか接種していない人は医療機関に行って追加接種をしておきましょう。

麻疹にかかりやすい人

■ 過去にはしかにかかったことがない
■ 40才以下
■ はしかの予防接種を1回しか受けていない(今の大学生の大部分)
■ 人混みに出かけた人、首都圏に出かけた人はとくに要注意です。


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200