TOP > キャンパスライフ > 履修案内 > 緊急時における授業・試験の取扱い

緊急時における授業・試験の取扱い(早見表)

1.授業の場合

状況
対応
午前 6時までに解除された場合 平常どおり授業・試験を行います。
午前 6時を過ぎても解除されない場合 1、2時限目の授業を休講、試験を延期します。
午前10時までに解除された場合 午後の授業・試験を実施します。
午前10時を過ぎても解除されない場合 授業を1日休講とし、試験は延期します。
授業・試験開始後発令された場合 その時限の授業・試験は実施し、次の時限以降を休講、試験は延期とします。
但し、状況によって警報発令と同時に授業・試験を中断します。


◎対象となる気象警報は、暴風・暴風雪・大雪警報又は特別警報
◎通常授業が休講になった場合は補講を実施します。日程等はUNIPA及びホームページにて連絡します。

3.暴風警報が学生の居住地域や通学経路などに発令された場合

状況
対応
学生の居住地域や通学経路に警報が発令された場合 教学課に連絡してください。TEL 059-365-6599・6716
事故、災害等により登学が不可能になった場合

◎大雨警報、洪水警報、地震警戒宣言、その他の警報及び災害又は事故により交通が途絶又は渋滞した場合は、
 その状況に応じて判断します。教学課に問い合わせてください。
気象情報はコチラ
気象庁
(津地方気象台)
 

ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200