TOP > キャンパスライフ > 奨学金 > 日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構奨学金概要

日本学生支援機構奨学金は貸与奨学金です。借りたら必ず返さなければなりません。奨学生は、常に『借りている』という意識を持って、しっかりとした学生生活を送ってほしいと思います。自分たちが借りているお金は、先輩奨学生が返したお金であり、卒業後は自分が返す側になり、その返還金は後輩が借りる原資になるということを理解しておきましょう。

奨学金の種類

奨学金の種類 
区分
貸与月額

第1種奨学金

無利息
自宅・自宅外問わず 30,000円
自宅通学 54,000円
自宅外通学 64,000円
第2種奨学金
有利息
30,000円・50,000円・80,000円・100,000円・120,000円

出願と採用

入学前に在学する学校(高校など)にて出願し、奨学生候補者として予約し、入学後に奨学生に採用される(予約採用)と、入学後に出願し、奨学生に採用される制度(在学採用)があります。

在学採用

在学採用についての説明会日時等は、教学課内の奨学金掲示板にてお知らせします。奨学金希望者は、必ず説明会に出席してください。説明会に出席しないと申し込むことができません。
採用については、学業成績、家計状況などを大学で審査し、適格者を日本学生支援機構へ奨学生候補者として推薦します。その後、日本学生支援機構が審査し決定します。
採用の可否については、教学課内の奨学金の掲示板で発表します。同時に個人宛にユニバーサルパスポートでも連絡します。

機関保証制度

採用された学生は、採用者説明会に出席しなければなりません。日時等は教学課内の奨学金掲示板とユニバーサルパスポートにて連絡します。
採用者説明会にて、奨学生のしおり、奨学生証、返還誓約書をお渡しします。
返還誓約書は必要な添付書類をそろえて期限までに提出する必要があります。提出期限を守れない場合は、奨学金の振込みをいったん保留することになりますので、ご注意ください。なお、提出をしない場合は、奨学金を借りる資格がないものとして採用を取り消され、それまでに振り込まれた奨学金を即時返還しなくてはならなくなります。

平成23年度 日本学生支援機構奨学金の年間スケジュール

時 期
内 容
4・5月
予約採用者説明会
4月
奨学金申し込み説明会(在学採用)
5月〜
採用者説明会
10月
返還説明会
12月〜1月
継続説明会
3月〜4月
適格認定処置決定者呼び出し
 ※詳しい日時等は、教学課内にある奨学金掲示板やユニバーサルパスポートにて連絡します。
   該当する説明会には必ず出席してください。出席しないと奨学金の振込みを保留することがあります。

採用後の振り込みについて

原則として毎月11日が振込み日となります。4月と5月のみ異なり、4月は21日、5月は16日となります。(祝祭日と重なる場合は、前営業日となります)

継続手続きについて

1〜3年生を対象に、毎年12月頃に「奨学金継続願」をインターネットにて提出します。スカラネットパーソナルに登録済でないと提出はできません。詳しくは「継続説明会」で説明します。

返還手続きについて

日本学生支援機構の奨学金は、人物、経済状況、学修状況から奨学生として採用された後も引き続き適格性を有しているか否か等を確認し、学業成績等に応じて継続審査が行われます。これを適格認定と言います。時期は、奨学生本人が継続願を提出した後に実施されます。
『継続』・『警告』・『停止』・『廃止』という4つの判定があり、そのうちのどれかがつきます。学業面での認定基準は、標準的に単位を取得していれば『継続』判定となりますが、通算の取得単位数が標準取得単位数の半分以下の場合、『警告』判定となります。『警告』となっても『廃止』の要件に該当しない限り奨学金が打ち切りになることはありません。『廃止』は奨学金が打ち切りとなります。『廃止』の要件は、留年や履修制限により卒業延期が確定した場合、もしくは通算の取得単位数が『警告』基準に該当し、かつ、今年度の取得単位数が0単位の場合となります。
この時期に限らず、卒業延期が確定した時点で『廃止』となる場合もあります。
※個々人の認定についての照会には一切応じられません。

奨学生の成績報告

4年生を対象に、10月に行います。ここでは、1年生時に提出した返還誓約書をもとに発行された返還確認票と返還のてびき、口座振替加入申込書をお渡しします。
期限までに口座振替の手続きをお願いします。
卒業後の返還は、この口座振替加入申込書で手続きした口座から行います。実際に支払いが開始されるのは、貸与終了月から7ヶ月目からとなり、今年度3月分までの貸与者となる4年生の第1回目の口座振替日は平成29年10月27日となります。

4年生の貸与終了月である平成29年3月に貸与金額の全額もしくは一部を返還すると第2種奨学金の場合その部分のみ無利息で返還が可能です。希望者は平成29年2月頃、スカラネットパーソナルから手続きをすることになります。詳しくは返還説明会にて説明します。

奨学生の成績報告

休学や退学を考える場合は、同時に奨学金の手続きも必要となります。教学課での手続きと同時に奨学金担当者までご相談をお願いします。

異動の届け出

学生本人や連帯保証人、保証人、本人以外の連絡先へ登録した方が住所変更した場合も手続きが必要です。担当者まで申し出てください。

異動の届け出

日本学生支援機構奨学金の提出書類や手続きにマイナンバーは必要ありません。住民票などの書類はマイナンバーを記載しないものにしてください。

異動の届け出

いろいろな手続きは、奨学生のしおりや日本学生支援機構奨学金のホームページに詳しく掲載されています。内容や手続きをきちんと理解し、必要な手続きは期限までに行うことが大事です。疑問に思うことや不安に思うことがあれば、担当者までご相談ください。

詳細連絡先

教学部教学課
四日市大学 教学課
MAIL stsec@yokkaichi-u.ac.jp
TEL 059-365-6716
FAX 059-365-6630

ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200