TOP > ごみゼロウォーク・エコフェアin四日市大学を実施しました。

ごみゼロウォーク・エコフェアin四日市大学を実施しました。

 

 7月31日(土)に、ごみゼロウォーク・エコフェアin四日市大学を実施しました。この取り組みは、本学の四日大エコ活動(学生主体の環境活動団体)と、三重県四日市農林商工環境事務所の主催によるもので、約100人の方々に参加していただきました。

 

 最初に本学の宗村学長から挨拶があり、その後、3班に分れて大学近傍と山城道路周辺の清掃を行いました。その後、環境関連団体(下記)によるブースの出展、流しそうめんなどを行いました。

晴れたり曇ったりの天気でしたが、日差しが強過ぎず、ゴミ拾いには適当であったようです。参加者の皆様、大変お疲れさまでした。

 

 当日は、CTY(四日市のケーブルテレビ局)と中日新聞の取材を受けました。CTYについては、8月3日(火)のNEWエリア便(18時から)で放送予定です。

 

 ■ 参加団体・個人(順不同)
 PPK四日市 / (株)環境思考 / 海蔵川探検隊うみくら / 桜台連合自治会 / さらさや光輝く街づくり
 MINI YOKKAICHI / 自然愛好会 / (株)ミズノ / 四日市大学エネルギー環境教育研究会

 四日市大学環境情報学部・武本教授


PPK四日市のブース。PPK四日市の皆様には、「流しそうめん」を流す竹製の樋や
支柱の作成のご指導をいただきました。
 
海蔵川探検隊うみくらのブース。小魚や海老の泳ぐ水槽の前には小学生が集まりました。
 
ゼロ吉とイモマン(四日大エコ活動のゆるキャラ)の共演。
暑さの中、着ぐるみの中で頑張った森本君と川村君、御苦労様でした。
 

山城道路でのゴミ拾いの様子。行き交う大型車の傍で多くのゴミを集めました。

 

集めたゴミを分別しているところ。黒っぽい服の女性陣は(株)ミズノのエコレンジャーの皆さん

 
全長約20mの流しそうめんの樋。食べる人が多く、学生達がそうめんを入れても入れても、
なかなか下流までそうめんは到達しませんでした。
 
20mの最下流でそうめんを待つサッカー少年。やっとそうめんが取れたかな。

 

大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200