TOP > 四日市大学研究機構・関孝和数学研究所 文化講演会のお知らせ

四日市大学研究機構・関孝和数学研究所 文化講演会のお知らせ

江戸時代を代表する数学者、関孝和(?-1708)の没後300年を契機に設立された
関孝和数学研究所の研究員が中心となって文化講演会を開催いたします。
数学・数学史・数学教育に関する多彩な講演のほか、10日午後にはサイエンス
ナビゲーターの桜井進氏によるエキサイティング・ライブショーもあります。
この秋、充実した2日間をお楽しみください。


チラシ
チラシ(PDF形式)

 

「第8回地域の知の拠点シンポジウム 四日市大学研究機構・関孝和数学研究所 文化講演会」


日付

2010年10月9日(土)・10日(日)

場所
四日市市総合会館(近鉄四日市駅から徒歩10分、四日市市役所隣)
対象
高校生/大学生/一般(10日午後は中学生以上)
定員
100名(10日午後のみ200名) 定員になり次第、締め切らせていただきます。
参加費
無料

■ プログラム

10月9日(土) 第1研修室 定員100名
13:00〜14:30
数学の見方・考え方(数学文化) 所長 上野健爾
14:50〜15:40
ファイナンスと現代数学(現代数学) 研究員 北河一生
16:00〜16:50
江戸時代の暦づくり(江戸時代の科学史) 研究員 藤井康生
10月10日(日)午前 第1研修室 定員100名
10:00〜10:50
算数教育の今(数学教育) 研究員 有田八州穂
11:00〜11:50
江戸時代の数学を楽しむ(江戸時代の数学史) 副所長 小川束
10月10日(日)午前 視聴覚室 定員200名
13:30〜15:30
インド女神に愛された天才ラマヌジャン(数学エンターテイメント) sakurAi Science Factory 
桜井進

 

主催

四日市大学研究機構・関孝和数学研究所

後援
三重県
お申し込み
ご氏名、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、学校・学年または職業をお書き添えのうえ、参加ご希望の日程(10月9日・10日午前・10日午後)を明記のうえ、下記連絡先にFaxまたはEメールにてお申込ください。
その他
本シンポジウムは、県内の大学等高等教育機関と地域との連携を強化し、県民の方々の地域活動への参加や、地域の課題解決につながる取組を支援するために三重県が推進する『文化と知的探求の拠点』連携・推進プログラムの一環として実施するものです。尚、申込・問合せは、事務局の都合によりFaxまたはEメールにてお願いいたします。
問合せ・申込先
〒510-8512 四日市市萱生町1200番地 四日市大学研究機構・関孝和数学研究所(担当:小川・河合)
Fax 059-340-1927  Eメール skim@yokkaichi-u.ac.jp

 

■ 研究所長とゲストの横顔
上野健爾(うえのけんじ)
 1944年熊本県生まれ、東京大学理学部数学科卒業。四日市大学研究機構・関孝和数学研究所長、日本数学協会会長、京都大学名誉教授ほか。専門は複素多様体論、数学教育の問題にも関心を寄せ発言をしている。現在、カンボジアへの教育支援も立案中。専門的な講演のほか、一般向きの講演も多数行っている。

 『数学の視点』 東京図書、2010
 『数学者的思考トレーニング代数編』 岩波書店、2010
 『円周率πをめぐって(はじめよう数学)』 岩波書店、1999
 『学力があぶない』 大野晋と共著 岩波書店、2001
 『代数幾何入門』 岩波書店、1995
 『代数幾何』 岩波書店、2005 ほか著書多数。
 

 今回の講演では、数学者としての経験を踏まえて数学の見方、考え方についてわかりやすくお話します。

桜井進(さくらいすすむ)
 1968年山形県生まれ。東京工業大学理学部数学科卒業、同大学大学院社会理工学研究科価値システム専攻卒業。サイエンスナビゲーター、東京工業大学世界文明センターフェロー。
 在学中から、予備校講師として教壇にたち、数学や物理を楽しく解りやすく生徒に伝える。2000年日本で最初のサイエンスナビゲーターとして、数学の歴史や数学者の人間ドラマを通して数学の驚きと感動を伝える講演活動をはじめる。
 小学生からお年寄りまで、誰でも楽しめて体験できるエキサイティング・ライブショーは見る人の世界観を変えると好評。世界初の「数学エンターテイメント」は日本全国で反響を呼び、テレビ出演、新聞、雑誌などに掲載され、話題になっている。

 今回は、インドの生んだ天才数学者ラマヌジャンの生涯をドラマティックに舞台の上で再現します。

大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200