TOP > eco japan cup 2010にて「伊勢竹鶏物語」発表・表彰される!(2010/12/13)

eco japan cup 2010で「伊勢竹鶏物語」が発表・表彰(2010/12/13)

 日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2010(主催:産業環境管理協会/日本経済新聞社)が、2010年12月9日(木)〜11日(土)の3日間、東京ビックサイト(東京有明)にて開催されました。テーマは「グリーン×クリーン革命!いのちをつなぐ力を世界へ」です。
 会場には日本の環境ビジネス・環境活動を代表する745社・団体が出展し、温暖化防止など多くの重要な課題を取り上げ、最先端の環境技術などを紹介しました。また、大学ブースには全国から多くの大学が参加し、環境問題へのユニークな取組みを紹介するとともに、活発な大学間交流が行われました。
 四日市大学エネルギー環境教育研究会「伊勢竹鶏物語〜3R(地域拡大)プロジェクト〜」は、同会場内で開催された、ビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト「eco japan cup 2010」にてパネル展示とプレゼンテーションの機会を得て発表と紹介を行いました。
 表彰式は隣接したホテルで行われ、環境省・総務省などの政府関係者、小池百合子氏の呼びかけで始まった女性による環境活動団体「環境ビジネスウィメン」、金融関連企業など、多くの方々が集まりました。「伊勢竹鶏物語〜3R(地域拡大)プロジェクト〜」は、「ライフスタイル部門 市民が創る環境のまち元気大賞2010(応募総数75件)」で「奨励賞」を受賞し、総務省の地域力創造審議官より盾と金一封を授与されました。
 プレゼン・表彰式・パーティー終了後は、主催連携団体(実施事務局)であるNPO法人「持続可能な社会をつくる元気ネット」の企画により、元気大賞を受賞した方々との交流会も開催され、互いの連携でさらなる飛躍することも話し合われました。
四日市大学エネルギー環境教育研究会は、地域に根ざした活動を継続し、課題研究と共に経済価値を創り出していけるような取り組みを行い、更なる前進を目指します。


 「eco japan cup 2010」の会場にて
 伊勢竹鶏物語プロジェクト矢口芳枝 事務局長と、
プロジェクトで活躍中の環境情報学部学生 田代慶光君。

eco japan cup 2010 でのパネル展示

「伊勢竹鶏物語」のプレゼンをする矢口事務局長

総務省審議官より「奨励賞」を受け取る田代研究員
植樹のようす
ライフスタイル部門の受賞者と主催者の皆様

大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200