TOP >四日市下野地区の集まりで「伊勢竹鶏物語」を紹介(2011/02/08)

四日市下野地区の集まりで「伊勢竹鶏物語」を紹介(2011/02/08)

 平成23年2月6日午後、下野地区福祉のつどいが下野地区市民センターで行われました。平成22年度の「ふれあい活動」の実施報告のあと、四日市大学エネルギー環境教育研究会の新田義孝会長(環境情報学部教授)が「里山を核とした地域活性化について」と題して、100名を越す参加者に「伊勢竹鶏物語」の概要と、このプロジェクトを下野地区の里山に適用できる可能性について講演しました。講演後には「竹っ鶏卵かけご飯」が振舞われ、また、竹っ鶏卵を使って銘菓タンブランが開発された「にわさんのため息」の試食が行われました。これは「伊勢竹鶏物語」が生んだオリジナルケーキで、鳥羽の老舗旅館戸田家で販売されることになっており、また近々研究会とタンブラン・戸田家とで記者発表することになっています。
 下野地区の里山は孟宗竹が繁茂しており、それを伐採したあとに有効活用しようと地域の方々が知恵を絞っておられ、「伊勢竹鶏物語」も有力な候補のひとつに上がっています。

四日大エコ活動と桑竹会・地域の方々による大学竹林の間伐

下野地区社会福祉協議会 川北秀成会長から紹介される新田教授

四日大エコ活動と桑竹会・地域の方々による大学竹林の間伐

新田教授の講演に熱心に聞き入る参加者の皆様

四日大エコ活動と桑竹会・地域の方々による大学竹林の間伐

里山活用を熱心に語る下野地区まちづくり委員会 市川登会長



大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200