TOP >平成22年度「地域環境リーダー養成講座」が終了しました(2011/02/08)

平成22年度「地域環境リーダー養成講座」が終了(2011/02/08)

 四日市市環境学習センターが主催し、四日市大学エネルギー環境教育研究会が運営してきた題記講座では、2010年5月から2011年2月までに合計12回の講議等が行われ、先日、無事に終了しました。本講座の企画運営は、四日市大学エネルギー環境教育研究会の矢口芳枝事務局長が担当し、当大学からは田中正明教授、大倉克己教授、武本行正教授、新田義孝教授が講師として参加しました。
  2月5日の最終授業では、新田義孝教授が企画したディベートが行われ、「15年間使用してきた冷蔵庫を、父親の退職を記念して買い換えることはエコと言えるか?」、「鳩山前総理が出した方針、1990年比で2020年までに温室効果ガス25%削減は、我が国の国益からみて妥当か?」の二つのテーマについて激論が交われました。ディベート終了後に、「ところで本音は?」と聞くと、本来の自分と異なる立場で討論したという方が何人もおられて、最後は爆笑となりました。
なお、出席率の良い研修生にはセンターから終了証書が後日送られます。

四日大エコ活動と桑竹会・地域の方々による大学竹林の間伐

ディベートに集中している受講生

四日大エコ活動と桑竹会・地域の方々による大学竹林の間伐

ディベートの後で、「本音は?」と問いかける新田教授



大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200