TOP > 豊島政実客員教授、音の世界の最高権威から、フェローシップ賞を受賞 !!(2011/08/31)

豊島政実客員教授フェローシップ賞を受賞 !!(2011/08/31)


 環境情報学部の客員教授である豊島政実先生が、AES(オーディオ・エンジニアリング・ソサエティ)からフェローシップ賞を受賞されました。AESはプロオーディオに関する世界的な団体で、あらゆる音楽産業、オーディオ産業、音響スタジオやコンサートホールの建設設計など、まさに音を通した業界を取りまとめる団体で、活動的には学会のような活動をしている世界で最も権威のある組織です。
 受賞理由には、豊島教授の「長年にわたる音響学的な進歩とその技術や発想を広く世界に普及させただけでなく、実際的に世界各所でスタジオやホールの設計を行ったことに対して、団体として最も権威ある賞としてフェローシップ賞を授与した」と解説しています。また、四日市大学で教鞭を執り、現在も客員教授として後進の指導に当たっていることも、合わせて報告しています。なお、フェローシップ賞受賞はアジアからは初めての快挙です。
 Sam Toyoshimaと言えば、ビートルズで有名なあのアビーロード・スタジオや、エンヤのプライベート・スタジオの設計者として、日本よりも世界で有名な音響デザイナー。環境情報学部のメディア系は素晴らしい先生に恵まれています。今でも年に数回、講義を持っていただいており、学生たちは、まさに世界の「音」にふれる機会を得ています。


http://www.proaudio-central.com/Publications/Pro-Audio-Asia/News/2475-/Sam-M-Toyoshima-receives-Fellowship-Award-from-AES

豊島客員教授
豊島政実客員教授

 


 

大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200