TOP > よっかだいエコ活動とNPO法人PPK四日市の交流

よっかだいエコ活動とNPO法人PPK四日市の交流


 3月9日(金)に「よっかだいエコ活動」のメンバーはNPO法人PPK四日市の方々と学内で交流しました。予定ではキャンパスの竹間伐を行うことになっていましたが、雨模様のため急遽、交流会に変更しました。最初に、PPK理事長の植松様から竹林の管理や間伐材の利用に関するお話しをいただき、その後、エコ活動の学生とPPKの方々の間で質疑応答が行われました。
 PPKの方々からは「エコ活動で何をやっているのか」「吉崎海岸で海岸清掃をやっていたのは知っているが、そのメンバーはいるのか」などという質問があり、また学生からは「間伐した竹の最も良い利用方法は何か」「竹の伐採後に植林は出来るか」「伐採した竹の根はどうなるのか」などの質問が相次ぎました。エコ活動の学生達にはいろいろ参考になったようです。
 なお、PPKは「ピンピンコロリ」の意味で、地域に役立つ活動を行うことで健康(ピンピン)を保ち、人生を全うすることを目標とされている団体です。非常に幅広い知識と経験をお持ちで、短い時間でしたが、それを若い世代に伝えていただく貴重な機会となりました。今後も、「よっかだいエコ活動」は、PPKのご指導を受けながら、竹林の管理を行う計画です。



【実際に加工した竹を示しながら説明をされるPPK四日市の植松理事長】


【交流会の後で記念撮影】
PPK四日市の方々が制作した竹製の「しゃもじ」「花瓶」「打楽器」などが見える


大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200