TOP > 2012年度サマースクール(環境コース)を実施しました

2012年度サマースクール(環境コース)を実施しました


2012年8月6日(月)、7日(火)に 四日市市少年自然の家にて、2012年度サマースクール(環境コース)を実施しました。
1日目は、午前中に水沢浄水場を見学し、水処理の話を聞き、場内見学をしました。同終了後に少年自然の家へ向かい、休憩後午後には、自然観察会(自然環境教育研究会理事:川村氏)として周辺の散策と植物チェック、サンプル採取後、研修室にて約20種の植物名を確認しました。
1日目夜は俄雨と雷雨のため、高橋教授による「宇宙に関する講話」を聞きました。 
2日目は起床後、展望台まで散歩し、四日市の町並みを展望しましたが、あいにくガスが出ており遠方が見えにくかったが、天気は良好でした。
9時からは環境研修を行い、現場へ出かけて@水採取と水質簡易分析(武本班)で沢の水と大門池を比較。生物の田中班はAプランクトン調査を大門池で採取後、顕微鏡での観察と同定を行いました。
高橋班はB簡易大気観測で気温、湿度、風向風速、視程、天気、紫外線量、ダスト、CO2、オゾンなどを測定しました。その後、研修室でまとめの作業とグループ発表を行いました。 
昼食後に田園ウオーキングに出発、近隣のふれあい牧場まで散策しました。牧場到着後、牛やヤギの観察をしました。とれたてのミルクやアイスクリームを賞味できました。

参加者は高校生21名、四日市大生5名、教員4名(うち高校の先生は2名)で合計30名でした。
全員、満足し、天候にも恵まれて「よかった」との感想でした。


展望台にて集合

兜ミジンコの顕微鏡写真

浄水場での水の濾過実験
 


 


大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200