TOP > 全国まちづくりカレッジに参加しました。

全国まちづくりカレッジに参加しました。


 全国まちづくりカレッジ(通称:まちカレ)は、地域と協働でまちづくり活動を行う学生が集まり交流するための全国大会です。今年は三重県の皇學館大學が幹事校となり、11月17日(土)と18日(日)に伊勢市で行われました。全国から11大学(皇學館、星城、大阪人間科学、名古屋学院、岐阜経済、明治学院、松本、京都文教、東海、香川、四日市)と1高校(宇治山田商業)が参加し、四日市大学からはMovieZooの学生たち7名が参加しました。

 17日は伊勢神宮の外宮付近でフィールドワークとワークショップを行いました。生憎の悪天候で縮小されましたが、各大学の学生たちはお互いに交じったチームを作ってフィールドワークを行ったあと、「勾玉を利用した外宮参道の魅力づくり」と題して、各チームが外宮参道の魅力づくりの提案を行いました。夜には懇親会が行われました。

 18日は最初に活動報告会が行われ、各大学が自分たちのまちづくり活動を熱心に発表しました。その後、鈴木英敬三重県知事が加わり、「大学間の広域的交流の方法」「行政との協力の方法」などについて、各大学の代表者が話し合いました。

 最後に、次年度の開催校となる明治学院大学(東京)が紹介され、閉幕しました。全国まちづくりカレッジは、13年前に発足し、デザイン・心理学・福祉・経営・経済・社会学など、さまざまな専攻の学生が、まちづくりを考えるユニークな活動をしています。今回は皇學館大学・三重県からお聞きし、四日市大学としては初めて参加しましたが、学生自身が全体の企画や運営を行っており、初対面の学生とも打ち解けて交流する雰囲気で、大変有意義な参加となりました。





「勾玉を利用した外宮参道の魅力づくり」各チームのアイデア発表の様子。



各大学の活動報告会の様子



MovieZooの活動報告を行う経済学部2年の伊藤康佑君。



フォーラムに代表として参加した経済学部3年の岡崎良君(写真右から2人目)。鈴木知事は写真左から2番目。


大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200