TOP > 2012年度四日市学シンポジウム開催

2012年度四日市学シンポジウム開催


=四日市公害の真の克服をめざして=

 本学の李教授の司会のもと、2012年度の四日市学のシンポジウムが12月7日に開催されました。 
 午後の第1部は粟屋かよ子教授による「四日市公害と市民運動」と栗田龍麿氏(現菰野町、乗得寺住職、元NHK記者)の「判決40年をすぎて思うこと」の講演がありました。
 第2部では、この2名によるパネルディスカッションが会場の参加者とともになされました。
 参加者は、公害語り部の沢井さんや高松干潟を守る会の水谷さんなどの関係者や本学のゼミ生諸君らも合わせて80名でした。会場からは活発な意見が出されました。
 これを機会に現在、市が鋭意作業中の公害資料館(4大公害で唯一なかったのが四日市)を核として、全国の市民運動と連携した四日市公害の経験の継承を期待したいものです。


大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200