TOP > 国際協力海外研修(タイ研修)を実施しました

国際協力海外研修(タイ研修)を実施しました


 2月14日〜21日、国際協力論・タイ研修を実施しました。この研修は、青年海外協力隊、NGO(非政府団体)、国際ボランティアなど、日本が行う発展途上国での国際協力活動を学ぶことを目的とし、全学組織である国際交流委員会が所管して実施しています。今回は、総合政策学部2名が参加しました。

 研修内容は、タイ北部チェンライで、教育機会に恵まれないタイ山地民の中・高校生を支援する生活寮「暁の家」(代表 中野穂積氏:三重県紀北町出身)の活動内容を知るとともに、山の村(サンクラン村)にホームステイをさせていただき、コーヒー畑を見学するなど、村の実際の生活を体験することができました。
 また、本学学生は、昨年秋の大学祭でのタイコーヒー販売について、写真やデータを使って発表しました。このコーヒーづくりには「暁の家」の生徒の皆さんも関わっているので、生徒の皆さんは発表を関心をもってきいてくれていました。「暁の家」の生徒の皆さん、タイの大学生とも交流できたことは、楽しい思い出となりました。

 研修中には、チェンマイの「アー サー・パッタ ナー・デック財団」(ストリートチルドレンを支援する団体)も訪問しました。タイの子供たちのために活動をしている団体を訪ね、タイの現状や支援のあり方についてじっくり考えることができたのは、参加学生にとって貴重な経験となりました。

 「暁の家」をはじめ、研修にご協力いただいた皆様にお礼申し上げます。



【お世話になったサンクラン村の皆さんと】

【「暁の家」での交流(その1)】


【「暁の家」での交流(その2) 〜タイの大学生、日本の大学生とともに〜】

大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200