TOP > 三重県主催ベストプラクティスコンテスト

三重県主催ベストプラクティスコンテスト


 2013年2月10日に三重県庁講堂でベストプラクティスコンテストが開催され、三重県の高等教育機関の学生たちが取り組む地域連携活動の事例発表が行われました。主催は三重県で、参加団体数は14でした。

 事例内容としては、地域の農家の協力を得て農業に取り組むもの、地域の協力を得て海外支援活動を行うもの、映像を作成して地域に発信するもの、東北の災害支援を行うもの、命の大切さを訴える活動を行うもの、海外からの看護師を支援するもの、商店街の活性化に取り組むものなどがありました。

 四日市大学からは「ETVよっかだい」と「MovieZoo」が発表しました。また、経済学部の岡准教授と鶴田准教授が他大学と協力して進めている「商店街サポーター事業」についても四日市大学生が発表しました。また、四日市大学生が多数参加している「生命(いのち)のメッセージ展inみえ」や、四日市看護医療大学からも発表がありました。

 発表後に会場の参加者全員による投票が行われ、オーディエンス大賞として「生命のメッセージ展inみえ」が選出され、オーディエンス賞に「学生国際協力団体Hearts Tree」「インドネシア看護師サポートチーム(四日市看護医療大学)」の2団体が選ばれました。

 地域活性化と学生が社会と関わりを持つという教育面から、高等教育機関が社会連携活動を積極的に進めようという動きが広がっています。四日市大学生や四日市看護医療大学生の活動もなかなかのものだと、会場参加者から評価していただけました。

 「ETVよっかだい」のメンバーが撮影し、環境情報学部2年の西岡大樹君が編集した本コンテストの様子を伝える動画が、三重県庁の運営する三重県インターネット放送局にアップされました。
こちらからご覧ください。



【「ETVよっかだい」の発表の様子】
環境情報学部2年の西岡大樹君

【会場には多数の参加者があった】

大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200