TOP > 伊勢湾海洋調査実習を実施しました

伊勢湾海洋調査実習を実施しました


 2013年7月23日から5年目となる伊勢湾海洋調査実習を実施しました。三重大学の勢水丸をお借りして、2泊3日で伊勢湾から熊野灘を行き来して、海の環境問題を学びます。今回は環境情報学部の20名の学生と2名の教員が参加しました。

 初日の23日は晴れ時々曇りの天気で、太平洋に出ると多少うねりがあり、船酔いになる学生も少しいました。調査中にイルカの群れを見ることができ、学生たちは喜んでいました。伊勢湾内と湾外の2ヶ所で調査を行い、また日没後の夜8時にも動物プランクトンを採取するためにマルチネットを曳きました。

 24日の午前中は雨となり、一時は雨合羽が必要になるほどでしたが、午後になると次第に回復しました。太平洋から伊勢湾内に向かって直線上に設定した6か所の観測点で調査を行い、伊勢湾内外の環境の違いを確認しました。海水中の酸素濃度、塩分や水温の違い、海底の泥の違い、ベントス(底生生物)の差異などを学生たちは感じ取ったはずです。

 夜釣りでは、今年もサバが大漁でした。学生たちは50匹近くを釣り上げ、翌日の夜の懇親会では学生たち自身で塩焼きや煮付けに調理して、皆でおいしく頂きました。ベントスネットで採取したヒラメは煮付けに、シャコは塩茹でになり、これらも大変美味でした。最近は料理が得意な男子が増えているようです。

 勢水丸の船員の皆様のご協力で、今年の海洋調査実習も大成功でした。実習に参加した学生は、海の環境を学ぶとともに、参加した仲間同士で友情を深める機会になったと思われます。

 勢水丸関係者の皆様、大変、お世話になりました。


環境情報学部サイト
Facebookページにも関連記事や写真がありますので、ご訪問ください。




【乗船前の記念撮影】 場所は松阪港。三重大学の基地で長靴を借りて、これからいよいよ実習開始だ。

【勢水丸船内での始業式と安全教育の様子】

【松阪港を出港し、船首デッキで記念撮影】

【食事の様子:勢水丸の料理は本当においしい。】

【配膳と食器洗いは学生の仕事だ】

【真剣にCTD装置をセッティング】

【採水作業(左)と海底の泥の調査作業(奥)】

【多項目水質計で観測中:学生のチームワークが必要。】

【マルチネットでプランクトンを採取】

【調査の途中で一休み】


【ベントスネットでヒラメやシャコが採れた】
伊勢湾内ではアカエイも採れた。

【朝の日課、ラジオ体操:高橋先生の反りに注目。】

【夜の勉強会も真剣に取り組んだ】

【勉強会が終わると、自由時間:釣りや懇親会を行った。】

【今年もサバが大漁。50匹以上釣れた。】

【終了式後に勢水丸の前で、船長さんと航海士の皆さんと一緒に記念撮影】
出港時と違い、疲れが見えるが、心は充実していました。

大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200