TOP > 四日市こども科学セミナーに参加

四日市こども科学セミナーに参加


平成25年8月9日と12日に四日市文化会館で行われた四日市市教育委員会主催の第2回目四日市こども科学セミナーに、環境情報学部の8名の学生(吉兼知未さん、西岡大輝君、柳川大輔君、鹿嶋湧太君、下村愛美さん、水谷友香さん、加藤優実さん、丹羽亮太君)がスタッフとして参加した。

8月9日は、四日市で事業を展開する8社(中部電力、東芝、東ソー、JSR、第一工業、味の素、三重興農社、タートルデュケーション)と1団体(四日市市環境学習センター)が大きなブースを展示し、そこに小学生を招いて理科実験等を行った。午前と午後にそれぞれ約200名の小学生が参加し、分り易い理科実験に取り組んだ。環境情報学部の学生は、受付、誘導、理科実験のアシスタントなどを行った。

8月12日は、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の宇宙飛行士・古川聡氏の講演が第1ホール行われ、保護者を含む約1500名の子供たちが来場した。広いホールの2階席までほぼ満席状態となった。本学の学生は来場者の案内や、片付け等を手伝った。

古川氏のお話しは、ご自身の国際宇宙ステーション(ISS)での体験が中心で、無重力中での一人野球(自分で球を投げて、自分で打って、自分でキャッチする)や、竹トンボ実験などの動画が紹介され、子供たちは笑い声や歓声を上げて楽しんでいた。最後に、質問コーナーがあったが、宇宙食への質問が集中し、200食も種類があり、日本食も30食近くあること、サバの味噌煮が美味で、外国人クルーに人気だという話題も紹介された。

12日夜には、関係者を集めた交流会(立食パーティー)が四日市シティホテルであり、JAXA副理事の樋口様や古川様を囲んで、四日市市の教育関係者、企業関係者、本学教員(谷岡、新田、松井、千葉)が懇親を深めた。本学学生も数名加わり、大人の社会を体験し、楽しんでいたようだ。

 



【8月9日の第2ホールの様子。
これから始まる科学実験に子供たちはワクワクだ。】


【東ソーのブースでは、重曹を使ったカラフルな
入浴剤作りが行われた。
東ソーOBの寺本様(写真左、本学関係者)も活躍された。】

【中電のブースでは、環境情報学部3年の西岡君が
子供たちに発電機の使い方を説明した。】

【8月12日に第1ホールで行われた
古川聡宇宙飛行士の講演。
楽しい動画が幾つも紹介された。】

【子供たちの質問に丁寧に答える古川氏】

大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200