TOP > 公開授業・環境特殊講義を実施中

公開授業・環境特殊講義を実施中


 環境情報学部は公開授業である環境特殊講義を実施しています。この講義は現場で活躍されている専門家を招いて、教科書では学べない現実の環境問題をお話しいただくものです。今年度は、四日市の環境問題の歴史、三重県の自然環境問題などを中心に据えながら、多彩な講師陣を招いて講義を進めています。聴講者は学生が25名程度、一般参加者が20名程度で、一般参加者からは「このような貴重な講義が行われていることを地域にもっと知らせて、聴講者を増やすべきだ。」との意見を毎回いただいています。環境特殊講義への参加は無料です。参加にあたり事前の連絡をお願いしていますが、なくても大丈夫です。興味深く、有益な情報で溢れた本講義へ、是非、ご参加ください。平成26年度は7月18日で終了します。



講演の一部


【吉田尚司講師】

【玉置泰生講師】

【講義室の様子】

【佐藤一雄講師】

【野々田稔郎講師】

【福本浩士講師】

平成26年度環境特殊講義スケジュール
日程 講師名 所属 講義タイトル
4月11日 吉田尚司 ICETT常務理事 ICETTの設立経緯と実績
4月18日 玉置泰生 元四日市市職員 四日市の環境行政(公害克服を目指して)
4月25日 佐藤一雄 環境省環境カウンセラー 公害裁判審理中のコンビナート建設
5月2日 高橋正昭 環境情報学部教授 PM2.5をめぐる話題
5月9日 大熊和行 三重下水道公社 三重の下水道と浄化センターの運転管理
5月16日 新田義孝 環境情報学部教授 脱硫石膏によるアルカリ土壌改良
5月23日 矢口芳枝 四日市大学エネルギー環境教育研究会 地域づくりと持続可能な開発のための教育
5月30日 野々田稔郎 三重県林業研究所 人工林の資源管理と森林の働き
6月6日 福本浩士 三重県林業研究所 ニホンジカによる農林業被害とその対策
6月13日 岩佐直人 日鐵住金建材工業 自然を守る斜面安定工法
6月20日 保黒時男 四日市大学自然環境教育研究会 鈴鹿山脈のブナ林やシデコブシの保全
6月27日 岩下徹 グリーン・ソフィア 太陽光発電と企業の省エネ
7月4日 国分秀樹 三重県水産研究所 干潟藻場の役割と伊勢湾の環境
7月11日 水谷いずみ 高松干潟を守ろう会 干潟の保全活動と現実
7月18日 渡辺一生 総合地球環境学研究所 グローバル市場とアジアの農村環境
(敬称略)

大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200