TOP > 伊勢湾海洋調査実習を終了

伊勢湾海洋調査実習を終了


平成26年度の伊勢湾海洋調査実習を7月23日(水)24日(木)25日(金)の2泊3日で行った。この実習は6回目になるが、三重大学の練習船勢水丸をお借りして、単独航海という形で三重大学の乗船員の皆様の強力な支援を受けて実施している。

今回の実習の航路は過去2年間と同一で、松阪港を出港し、伊勢湾中央部で観測を行い、その後、湾外に出て漂泊し、2日目の早朝に湾外の観測点から湾内の鈴鹿市沖の観測点に向けて直線的に観測するというものだ。このような調査を行うことで、伊勢湾内外の環境の違いを調査でき、学生たちはそれを実感できる。

今回の実習には18名の学生(環境情報学部15名、経済学部3名)と3名の教員(環境情報学部)と1名の支援スタッフ(名古屋大学大学院)が参加した。今回は台風10号の影響とみられるウネリが湾外に出てから強く、船酔いする学生が多数いた。船酔いで調査に参加できない学生も何名かいた。

海の様子は過去2回と比べて異なる部分が多く、面白いデータを観測することができた。例えば、湾外の最も沖合の観測点よりも湾口に近い部分の透明度が高かった。また、湾内では湾口に近い松阪沖の方が、鈴鹿沖よりも貧酸素の状態が強かった。松阪沖では中層の溶存酸素濃度が1mg/L以下で底層の方が高く、中層貧酸素になっていた。

学生たちは、真面目にしっかりと予定されていた実習作業をこなしていた。夜の勉強会もしっかり取り組んでいた。自由時間には釣りや懇親会を行い楽しんでいた。太平洋の夜釣りではサバの大群に出会い、入れ食い状態となった。人生で初めて釣りをする学生もいて、大興奮となった。伊勢湾内での夜釣りでは、アジが釣れた。また船の照明に集まって来たワタリガニを網ですくい楽しんだ。

このような実習を支えていただいた、三重大学の関係者の皆様に深く感謝します。




【実習の航路】

【松阪港を出港し、いざ伊勢湾へ】

【船内案内(ブリッジにて)】

【有名な勢水丸カレーだ! 美味しかった。】

【食後の食器洗いも楽しく行った。】

【いよいよ調査が始まった。
これはCTD装置(水質観測と採水を行う精密機械)だ。】

観測機器からのデータをパソコンに読み込み中。
これも学生の作業だ。】

【伊勢湾の環境状態を知るのに、
海底の泥の調査は欠かせない。】

【夜にはプランクトンネットを曳いた。】

【サバ、ゲットだぜ!】

【高橋教授も参戦】

【料理のうまい学生が釣れたサバを
塩焼きと味噌煮にしてくれました。こちらは食べる係り。】

【黙とうしているわけではありません。
朝のラジオ体操の前の様子です。】

【太平洋の真ん中でラジオ体操中ー。】

【多項目水質計で調査中。】

【海底の生物も採取した。右側にクルマエビもいる。
観察後、エビ・シャコ・コチは皆の夜食になった。】

【実習終了後の記念撮影(勢水丸の船長・航海士の皆様とご一緒に)】



大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200