TOP > 第11回「環境フェアin四日市大学」を開催

第11回「環境フェアin四日市大学」を開催


平成26年8月9日(土)に第11回「環境フェアin四日市大学」が開催されました。この催しは(株)東産業が市民参加型の環境イベントとして継続してきたもので、11年目となる今回、四日市大学が共催し、大学キャンパスで開催することになりました。

開催当日は台風11号による大荒れの天候で、一部、参加を見送った団体もありましたが、20を超える団体(市民団体、自治体、教育機関)にご出展・ご参加いただき、また約800名の親子連れの来場者がありました。

3号館では朝明中学校や山手中学校の吹奏楽部の演奏、サラナ保育園の和太鼓演奏、ゴミ0レンジャーの活劇などが行われ、降りしきる雨の中、大変盛り上がりました。2号館と4号館では環境関連のブースが立ち並び、クイズ、体験イベント、パネル等で来場者を楽しませてくれました。見事な昆虫の標本、地域の貴重な動植物の写真集などもあり、各団体が環境問題の改善のために続けている地道な活動の様子が伝わってきました。

四日市大学も環境情報学部とETVよっかだいが6号館で、切り紙細工、顕微鏡体験、水質分析、学生制作のゲーム、電子工作、環境関連のパネル(以上、環境情報学部)、「貝から伊勢湾を考える」映像作品、貝合わせ(昔の神経衰弱ゲーム)(以上、ETVよっかだい)などを出展しました。

8月10日も開催予定でしたが、天候悪化のために中止となり、残念でした。
出展者・参加者の皆様、来場者の皆様、本当にお疲れ様でした。

以下、環境フェアの雰囲気を写真でご紹介しますが、出展品・作品のほんの一部しか掲載していません。ご容赦ください。





【環境フェアの会場案内図】


【朝明中学吹奏楽部の演奏】

【山手中学吹奏楽部の演奏】

【ゴミ0レンジャーの活劇】

【雨の中、自社設備を子供たちに紹介する
東産業の社員の皆さん】

【むらさきいもを使った実験を紹介するブース】

【地元の河川環境の保全活動を行う団体の展示・説明会】

【ウミガメの保存、海岸清掃関連の展示】

【多数の教室で行われたブースを巡る来場者の皆様】

【見事な昆虫標本の展示】

【「We Love 千草」と書いた鈴鹿山麓のジオラマ】

【子供たちの微笑ましい絵の展示】

【竹間伐に取り組む団体の竹細工の展示】

【ゴミを回収するのは東産業の得意分野】

【大人向けシンポジウム「100年後の
北勢地域の環境を考える」も行われた。】

【「ETVよっかだい」は動画作品と「貝合わせ
(昔の神経衰弱ゲーム)」を出展した。】

【環境情報学部のパネル】

【水質分析を行う武本・高橋教授(環境情報学部)】

【教員と学生で来場者に対応する環境情報学ブース】



大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200