TOP > 東村ゼミ(模擬会社夢追プロモーション)が社会貢献学会大会で口頭発表

東村ゼミ(模擬会社夢追プロモーション)が社会貢献学会大会で発表


 12月7日(日)、社会貢献学会(会長渡辺信英)第5回学会大会が神戸学院大学三宮ポートアイランドキャンパスで開催され本学経済学部東村ゼミ(模擬会社夢追プロモーション)齋木優里さん、森下裕貴君(4年)が午前の部研究・活動報告で「2つの協創ラボ連係で地域の喫緊課題に取り組む」と題して口頭発表を行いました。
 口頭発表は、2つのセッション(S-1司会:前林清和神戸学院大学教授、B204講義室、S-2司会:同大学江田英里香教授、B205講義室)で同時進行の形で行われました。
 前段の齋木さんは「先輩方が設立し継続してまちを元気にをと活動している模擬会社について、伊勢の夜店での地域産品販売をはじめイベント活動の一端を感じたまま来場者に伝えることができました。しかし、他大学の発表を聞いて自分がまだまだ発表に不慣れでパワーポイントを見ながら自分の言葉で説明できないところが目立ったなと反省点ばかりです。」、後段の森下君は「緊張してうまく話せたかどうかわからなかったが質疑も終えて所定の席へ座ると大会実行委員長の先生から「良かったよ」と声を掛けられホッとしました。たくさんの人の前に立ち発表できたことは、とても大きな経験になりました。他の発表を聞いてたくさんの人が色んな活動を行っており人を助けたりする行動など素晴らしい、自分の知らない所で人が助け合っているのを知り、自分もこれから行事があれば、積極的に参加して少しでも人の役に立てたらと思いました。大会発表したことで自分がまた一つ成長し情報も得られ有益でした。」と感想を述べてくれました。



【社会貢献学会大会受付模様(神戸学院大学)】

【セッショントップで発表する斎木さん、森下君(B205講義室)】

【後段森下君発表の場面では満席(B205講義室)】

【他大学学生の活動発表(B205講義室)】



大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200