TOP > 社会教育実践交流広場「地域と関わる学生」への参加(8月22日)

社会教育実践交流広場「地域と関わる学生」への参加(8月22日)


 三重県教育委員会が主催する平成27年度社会教育実践交流広場「地域と関わる学生」が、8月22日に三重県総合文化センターにて開催されました。
 これは、三重県内で大学生等が地域と関わりを持ちながら活動している事例を紹介するものです。
 本学からは、経済学部東村戦略経営ゼミと四日市東日本支援の会の2団体が参加しました。
 午後1時から行なわれた開会式では、東村ゼミのカクズイさん(経済学部4年生)と支援の会の鈴木昂樹君(総合政策学部1年)の2名がその活動を表彰され、引き続き参加団体の前で活動の紹介を行ないました。
 3時からは社会教育実践交流広場として、参加団体が活動の様子を、パネル等を使い紹介しました。
 展示会場への参加者は少なかったのですが、東村ゼミのカクさんは「活動の紹介を通じて観光地とはいえ、伊勢のことなどまだ知られていないことが多いと感じた」、また鈴木君は「27回も支援に出向いていることを感心してくれる人が多かった。もう少し多くの人に紹介できればよかった。」などの感想を語ってくれました。









大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200