TOP > 八郷小学校による四日市大学見学会を実施しました

八郷小学校による四日市大学見学会を実施しました


 2016年11月15日、八郷小学校4年生の皆さん約60名が、社会見学で四日市大学に来学されました。児童の皆さんは、地域の獣害などについて学んでおられることから、四日市大学エネルギー環境教育研究会との協力事業として、今回の見学会が実現しました。
 社会見学の目的は、四日市大学で獣害について模擬授業を受けることでしたが、あわせて「大学のキャンパスも体験したい」とのご依頼を受けました。そこで、チーム別のゲームでキャンパス内を散策したり、学生食堂で大学生と同様に食券を買って食事をしたりする企画を行いました。
 ゲームは、各チームが別々の「ミッション」を与えられ、チームごとに学内に散らばりました。熱の入った子どもたちがキャンパス中を走り回り、引率者が息を切らして追いかける一幕もありました。一方、永戸正生常務理事から大学と小学校の違いについて説明を受け、一生懸命聞き入るチームもありました。食事の後は、全員が体育館でサッカー、ドッジボール、バスケットボール、鬼ごっこなどに興じました。体育館内に子どもたちの歓声が響き渡り、グラウンドの向こうの校舎側にまで楽しそうな様子が伝わりました。しかし静かにするべき場所では、全員が静粛に行動し、見ていて気持ちがよいほどでした。
 模擬授業は千葉賢環境情報学部教授が担当し、パワーポイントで資料を見せながら獣害被害やその対策についてわかりやすく説明。授業後の質疑応答では、次々と児童の手が挙がり、時間切れで全員の質問に対応できなかったことは残念でした。
 見学会の最初と最後は、岩崎恭典学長も出席し、代表児童の方から挨拶やお礼のことばを受けました。子どもたちから「学長!学長!」と握手を求められ、学長もびっくりしながらひとりひとりに応対していました。
 短い半日でしたが、元気な皆さんにパワーをもらった見学会でした。ぜひまた、ご来学いただければと思っています。


 


【児童のみなさんが次々に学長と握手】

【キャンパスで虫をみつけてスケッチするチーム】

【学生食堂でランチ】

【「こういうものを毎日食べられていいなあ!」というコメントも】

【体育館で大はしゃぎ】

【獣害について真剣に学ぶ】

【質問が次々に】

【代表者3人が学長にお礼の挨拶】



大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200