TOP > 保々中学校の生徒が本学で職場体験学習を行いました

保々中学校の生徒が本学で職場体験学習を行いました


 四日市市立保々中学校の2年生2名が職場体験学習で本学を訪れ、6月27日(火)〜6月29日(木)までの3日間、メディア関連施設で大学職員の業務を体験しました。
職場体験は、生徒が事業所などの職場で実際の仕事について体験し、職業について理解を深め、望ましい勤労観、職業観を育成することを目的とした文部科学省が推進する学習活動です。

【1日目 コンピュータセンター】
 初日は、コンピュータセンターでの実習用パソコン保全作業、タイピング練習、C++言語によるプログラマ体験を行いました。生徒達の緊張しながらも一生懸命に取り組む姿が印象的でした。生徒達からは、「緊張感とワクワク感が混在」「保全作業の大切さがわかった」「プログラミングが楽しかった」等の感想が寄せられました。

 


【コンピュータ教室のマウス清掃】

【プログラム作成中】

【2日目 情報センター(図書館)】
 両名の積極性と迅速な処理能力により、当初予定していなかった業務を追加するほどの作業効率が見受けられました。生徒達からは、「図書館の仕事は、楽しい。」、「雑誌のデータ入力に興味を持った。」等の感想が寄せられました。
梅雨の時期でしたが、情報センターの館内には、生徒達の溌剌さがもたらしたのか、新緑の季節に遡ったかのような清々しい空気に満ちた異空間が、展がっていました。


【カウンター対応】

【雑誌配架】

【3日目 スタジオ】
 ケーブル拭き、ケーブル巻き、音響機器セッティング、音調整を体験して貰いました。音調整が終わった後にステレオとサラウンドの音の聞き比べをしました。音に興味を持ち始めた時だったので勉強になりました、音の奥深さを知りましたと言って頂けて良かったです。どのような仕事に就いてもこの体験から音を大事にして貰えるようになれば嬉しいと思います。


【音響機器セッティング】

【音の聞き比べ】


大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200