TOP > 「留学生を生かした地域の支援プロジェクト」四日市港夜景クルーズ実施

「留学生を生かした地域の支援プロジェクト」四日市港夜景クルーズ


 2017年12月12日、「留学生による観光モニター 四日市港夜景クルーズ」を行いました。これは、高等教育コンソーシアムみえ委託事業「留学生を生かした地域の支援プロジェクト」の一環として実施したものです。当日は、四日市大学、三重大学、鈴鹿大学の3大学が参加し、11の国と地域から集まった78人の外国人留学生が、四日市港から「はやぶさ」号で四日市コンビナートの夜景を楽しみました。四日市大学からの参加者は32人です。
 四日市コンビナートの夜景クルーズは、この数年、国内ではかなり知られてきています。しかし、外国人の視点に限定した意見や感想については、これまであまりデータがありません。今回のモニターで、外国人が自分の家族や自国の友人に紹介したいかどうかなどについてアンケートを行い、その結果を参考に、この地域のインバウンド増加を図りたい考えです。
 当日は真冬なみの寒波に見舞われましたが、気温が低く空気が澄んでいる日のほうが夜景は美しく見えます。夜景クルーズはもちろん、こういった観光船に乗ること自体がはじめてだという留学生も多く、それぞれに沿岸の工場や停泊するタンカーのライトの美しさに見入っていました。「楽しかった」という感想が多く聞かれ、好評だったようです。

学生撮影の動画はコチラ
(総合政策学部1年生 ハイルルアナムさん撮影)


 





大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200