TOP > 大学案内 > 教員紹介 > 経済学部教員紹介 > 熊澤 光正

熊澤 光正
MITSUMASA KUMAZAWA

熊澤 光正

くまざわ みつまさ

教授

熊澤 光正

担当科目

経営工学
生産管理論
ものづくり経営
データ解析
経営学会計学専門演習
統計的分析
データ解析の技法


専門分野

経営工学

プロフィール

名古屋に生まれる。名古屋工業大学大学院経営工学専攻修士課程修了後、名古屋工業大学大学助手になる。1989年四日市大学専任講師赴任。四日市大学助教授、四日市大学准教授を経て2013年 四日市大学教授 現在に至る。

トヨタ生産方式の研究者として一貫して進んできた。主な著書に「大野耐一の記録」三恵社、「トヨタ生産方式大全」「作業姿勢と自覚疲労」「トヨタ生産方式の異業種展開の実際」「ジャストインタイム実現のための段取り時間短縮法」(いずれも大学教育出版)。 また、研究のために作った「データ解析のための{R}入門」工学社がある。その他はアマゾン等で検索可能である。


研究テーマ

1. トヨタ生産方式の研究:
 経営工学の立場から見たトヨタ生産方式の全体像、歴史、成り立ち、生産工学上の特徴の研究。トヨタ生産方式が一般に知れ渡ったのは、1973年の大野耐一氏の「トヨタ生産方式」の出版からですが、その公表以前の学部生の時から、大野耐一氏からは、日本経営工学会の活動を通じて、トヨタ生産方式理論、実際の実施について学んできました。研究の中心は、トヨタ生産方式の理念と構造を明らかにすることです。これはライフワークになりそうです。

2. 多工程持ち作業システムの研究:
 トヨタ生産方式では、多工程持ちという生産方式が利用されます。多工程持ちにはさまざまな利点があげられますが、構造の解明は充分ではありません。多工程持ちシステムの構造を明らかにしました。

3. 生産期間の研究:
 トヨタ生産方式は、ジャスト・イン・タイムと自働化からなっています。ジャスト・イン・タイムの目的のひとつに生産期間の短縮があります。生産期間の構造、短縮の効果と方法について検討してきました。

メッセージ

現在は、四日市大学から徒歩圏内に居住。トヨタ生産方式を研究するといっても多様な研究方法があります。まだ、明らかになっていないことはたくさんありますの、自分なりに解明していきたいと考えています。
学生やみなさんとも一緒に考える姿勢を忘れないようにしています。


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200