TOP > 大学案内 > 教員紹介 > 総合政策学部教員紹介 > 神長 唯

神長 唯
YUI KAMINAGA

牧田 直子

かみなが ゆい

教授

神長 唯

担当科目

環境社会学
地域社会と環境
社会調査入門
四日市公害論

専門分野

環境社会学
質的調査
地域社会研究

プロフィール

東京都出身。5歳から10歳までアメリカ・サンディエゴで育つ。東京都立大学 (現・首都大学東京)人文学部社会学科を経て同大学院修士課程修了、同博士課程単位取得満期退学(社会学専攻)。経済産業研究所リサーチアシスタントとして東京都多摩地域の産業クラスター研究に従事、(財)東京市政調査会(現・公益財団法人後藤・安田記念東京都市研究所)研究部に研究員として在職時には地方自治の観点から四日市臨海部の地域再生にかんする調査研究などを行った。 2002年より東京外国語大学、日本大学、桜美林大学、駒澤大学、成蹊大学、文教大学など複数の大学にて非常勤講師。2008年より明治大学法と社会科学研究所客員研究員。専門社会調査士。2013年に四日市大学環境情報学部准教授として着任。2015年より総合政策学部准教授、2017年より現職。


研究テーマ

1. 四日市臨海地域における諸問題
 
2. 東京都多摩地域の格差問題
 
3. 東京都西多摩郡日の出町における一般廃棄物最終処分場問題
 
●最近の研究
1.「四日市公害と環境未来館」との協定書を踏まえた環境教育・環境保全活動を推進するための調査研究
四日市市との協定書を踏まえた環境教育・環境保全活動を推進するための学内共同調査研究を2014年度より継続している。本調査研究によって設計・構築したシステムにより、学生がインターンシップ・ボランティア等を通じ公害資料館に関わり、四日市公害の経験を世界に発信するミッションに貢献することを引き続き、めざす。講義の一環として学生たちが公害資料館に実際に足を運び「学ぶ場」をつくった。そこから発展的に同館に関わりを持てるようなしくみづくりに2017年度より取り組んでいる。また、将来を担う地域の子どもたちを対象とする環境保全等に関する講座(通称「四日市大学エコキッズ講座」)の企画・運営も行っている。それにより、本学が四日市市の環境先進都市としての啓発活動に貢献するとともに、企業の環境保全活動に貢献する人材を育成する効果も期待する。

 

2.レジ袋有料化政策の社会学研究
名古屋市におけるレジ袋有料化「その後」に関する調査研究である。2016年8月、「名古屋市におけるレジ袋有料化に関する社会調査」を名古屋市立大学浜本篤史研究室と共同実施した(郵送法、有効回収率39.6%)。調査結果より、現行の地域協定方式に課題が見受けられため、同様の地域協定方式によるレジ袋削減を行う富山県をはじめ国内事例を中心に引き続き比較・検討する。

メッセージ

 公害・環境問題の社会学的研究をしています。2004年から2007年まで、「四日市公害は終わっていないのではないか」という問題意識で、公害認定地域における災害不安に対する住民の聞き取り調査や、行政の活動としてコンビナート災害にどう対処するかという行政各部とくに市消防本部の取り組みに関心をもって調査・研究を実施しました。これからは、これらの調査・研究をさらに充実させる予定です。東日本大震災はここにも大きなインパクトを及ぼしているからです。


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200